saikoui
 今年も気がつくと、もう10月の半ばです。日本中の神様が出雲国に集まり、来年どのような一年にしようか?なんていう打合せをしているんじゃないか?なんて考えていると、私もそろそろ出雲神々に負けないよう、(別に競っているわけではありませんが)私自身の目標設定をぼちぼち、行おうかな?なんて考えます。

少し前に、私どものクライアント社長に、ある研修を行ってもらった時に、非常に衝撃的な目標の話がありました。どんな話かと言うと、まず、”目標をしっかり持っていますか?あるとしたら、幾つありますか?”,”ちなみに私は毎年100個書きます”です。え!100個!そもそも、詰めの甘い私ですから、自分の目標設定などしても、途中から何が目標だったのかすら、どこかへ飛んでいます。

実際にその社長が書いた100個の目標を、無理を言って見せて頂きました。凄い!これを毎年未達成もあるとはいうものの、達成する事もたくさんあるわけですから、一年過ぎた時には成功体験が山積みになるわけです。しかも、何を実際に一年間行ってきたのが明確になる。100個の目標が着実に達成したということは、1週間に2個のスピードで目標が達成する事になるので、かなりモチベーションアップにもつながりますね。

かなり大きな刺激を受けた私は、早速、今年の自分のやりたい事、達成したい事を、Excelで100個のマス目を作り、書いていきます。書いてみて、またまた衝撃的です。小さな事でも全て書いてみる、と言われたのですが、半分も埋まりません。何と欲のない人生、・・・よくない人生。これは墓のない・・はかない人生よりも!??いくら頭をひねったり、しぼったりしても、46個のマスしか埋まりません。うぅ(~_~;)

しかし、46個の目標であっても書いてみると、今の自分の力配分がよくわかります。色々な人や物事に関わり、日々生活しているのですが、どんな割合で過ごしていて、自分がどこへ行こうとしているのかが、見え始めます。ban

それからというもの、自分が何をやりたいのかの、今更ながら探求の旅です。あなたは、後晩飯10回しか食べれません、と宣告された時に、何んでもいいですではなく、どこの店で何を誰と食べるのかぐらいは考えて食べるのと同じで、あなたの残りの人生これだけしかありませんという時に、漠然と時間を過ごすというより、やはり残された時間を何に使うのか?正に私の大好きな映画の一つである、ジャックニコルソンとモーガンフリーマン主演の「最高の人生の見つけ方」そのものです。

asita 今年の途中に書いた目標46個ですが、現在10個程達成です。達成率、進捗率は21.73%で、達成目標後2ヶ月ちょっと。目標を達成したからどうなるのかは、わかりません。達成しなくても良いのかも知れません。しかし、自分が行きたいと思うところへ向って少し近ずくのは、間違いないと思いますね。今年書いた目標は、最終的にいくつ達成できるかはまだ未定ですが、それも含めて、来年のやりたい項目100個埋めてみたいと思います。是非、一度自分の達成したい項目を100個書いてみてください。色々な事が明確になってきますよ。お勧めです。

やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.