監査部門第0課の福川です。
今回は、MFクラウド会計の特徴の3つ目「経営レポート自動作成」について詳しくみていきましょう。

 

今までの会計ソフトは、お金の動きをリアルタイムで把握しにくいのが難点でした。その点「MFクラウド会計」では、支払い・入金データ等が常に最新であること、また、データがクラウド上にあることから、いつでも、どこでも、リアルタイムに数字を把握することができます。そして、そのデータを元に、非常にわかりやすいレポートを幾種類も自動作成してくれるのです。

 

では、どのようなレポートを作成してくれるのでしょうか?


「キャッシュフローレポート」は、上記のようなイメージです。

 

このようにMFクラウド会計を導入することで、毎月あるもの全ての支払い(買掛金、光熱費等)は支払った日から記帳され、売掛金入金、現金入金等の全ての入金もリアルタイムに反映されるようになります。月ごとや年間で経営状況を見ることも可能な上、他の月や年間との比較もしやすく、将来を見据えた対策を練ることができます。
また、売掛金、買掛金の補助コードに取引先を設定することにより、「得意先レポート」「仕入先レポート」で取引先ごとの入金・支払状況を把握できるようになります。

 

下記の図が「仕入先レポート」になります。


 

このように、経営状況を見たいときに見られることは、クラウド型会計の大きなメリットだと思います。

 

最後にもう一度「MFクラウド会計」の3つの特徴をおさらいしましょう。

1. 取引明細を自動取得することができる。
2. 取引明細から勘定科目を自動提案することができる。
3. 経営レポートを自動作成することができる。

 

このように、MFクラウド会計には複数の機能がついており、インターネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも、最新データを見ることができます。今までエクセル等で別作成していたレポートも自動で作成されたり、銀行ごとにログインしなおしていた預金の動きも一元管理できるので、あらゆる時間と手間を省くこともできます。消費税の改正等も自動アップデートで対応してくれるので、更新のタイミングや金額を考えることもない便利な会計ソフトだと思います。

 

次回は、MFクラウドシリーズのもう一つのソフトである「MFクラウド給与」の概要について、ご案内したいと考えています。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.