Hello, 2部門の中澤です。
突然ですが問題です。これは何の順位でしょうか?

1位 エイブラハム リンカーン
2位 ジョージ ワシントン
3位 フランクリン ルーズベルト

答えは最後に。

 

さて、最近「弾道ミサイル落下時の行動について」とのタイトルでメールが届きました。「えっ?」と、自分が生きている間に再度戦争にまつわるような単語を聞くとは思わなかったので目を疑ってしまいました。1度目は「湾岸戦争開戦」と何年か前の新聞の見出しでした。

 

北朝鮮の度重なるミサイルの発射実験や、核実験をするのではないかとの緊張の中、アメリカが動きました。「カール・ビンソン」という大型原子力空母の派遣で護衛の駆逐艦隊と共に海上を進んでいる姿がテレビで何度も報道されていました。これが、何かの記念のパレードであれば「カッコイイ!!」だったのですが、もしもの事態が起こった場合には、この艦隊が火を噴くわけです。

 

過去のブログでオバマ前大統領の「広島での平和演説」、「真珠湾平和演説」と紹介させて頂きました。「過去の教訓を生かし、核兵器の無い平和な世界を作っていかなければならない。」という内容でした。が、ここにきて緊張事態の発生です。第二次世界大戦時の日本に似ているような気がするのは私だけでしょうか?(日本の場合、本当に攻撃をしてしまいましたが・・・。)

 

世界を相手に喧嘩を売った日本でしたが、原爆を2つも投下され敗戦国となってしまいました。この最初の原爆が投下された時のトルーマン大統領の声明があります。

 

Sixteen hours ago an American airplane dropped one bomb on Hiroshima, an important Japanese Army base.That bomb had more power than 20,000 tons of TNT.

(日本語訳)

16時間前、アメリカ軍機が日本の重要な軍事基地のある広島へ爆弾を投下しました。
1個でTNT2万トン以上のパワーを持つ爆弾です。(*TNT=通常火薬、通常爆弾)

 

The Japan began the war from the air at Pearl Harbor. They have been repaid many fold. And the end is not yet. With this bomb we have now added a new and revolutionary increase in destruction to supplement the growing power of our armed forces. In their present from these bombs are now in production and even more powerful forms are in development.

(日本語訳)

日本は真珠湾を空襲し戦争を始めました。彼らは何倍もの仕返しを受けているのですが、まだ戦争を止めません。我々は今、この爆弾で新しく革命的な破壊力を手にし、わが軍はますます強大になります。この手の爆弾は製造中で更に強力なタイプのものを開発中です。

 

広島に原爆を投下した事を正当化した声明です。原爆投下が戦争の終結を早めたとしてアメリカでも賛否が分かれています。しかし、こんな声明が2度と流れてはいけないのです。
対話で問題が解決できるように世界のリーダー達に期待するしかありません。

 

さて、冒頭の問題の答えですが、アメリカ人の好きな大統領ベスト3でした。
そして、とても興味深い事に3人共通点があります。何だと思いますか?
3人共戦争を勝利に導いているのです。リンカーンは南北戦争。ワシントンはイギリスからの独立戦争。ルーズベルトは第二次世界大戦。ある番組を観てとても興味深かったので、紹介をさせて頂きました。

 

I guess I’ll close for now.
See you next time.
The 2nd section
T. Nakazawa

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.