監査業務一部門の手崎です。
前回の続きです。ライフイベント表が出来たら、次は「キャッシュフロー表」を作っていきましょう。
 
「キャッシュフロー表」とは、現在そして将来の収支状況や、貯蓄残高の予想を記入していく表です。現在→将来の年表みたいな物・・資金計画表ですね。ライフイベント表の下に書き加えた形にすると、見やすくて分かりやすいです。

まずは現在の状況。収入欄には給与明細の手取り額を書きましょう。
注意するのは「一年分を記入する」ということです。「その他収入」には、ボーナスや児童手当等を書いたら分かりやすいでしょうか。ある方は書いてください。
 
支出の欄はその人それぞれだと思うので、必要な項目を作って「毎月の支出×12ヶ月」でざっくり入れてください。あまり難しく考えず、これも細かくすると面倒になるので、大体この位!でやってみてください。家計簿は面倒でも「大体!」なら気楽ですよね!
 
変動率は年間で増えるだろう予想割合。
「基本生活費」で言うと物価上昇率、「給与収入」で言うと「毎年1%ずつ昇給していって手取りが増えていく」と予想される場合は昇給率を入れます。「昇給は全くなしの定額」と言う場合は、「給与収入」には同額を入れることになります。教育費は子どもの成長と共に必ず上がるので変動率を入れておきましょう。
 
次は変動率を入れた場合の計算方法です。
現在の給与収入を「600万円」、変動率(昇給率)を「1%」とした場合の1年後~3年後の給与収入の求め方

※1年後 600万円×(1+0.01) =606万円
※2年後 600万円×(1+0.01)2  ≒612万円
※3年後 600万円×(1+0.01)3  ≒618万円

2乗3乗・・と言った累乗計算はお手持ちの普通の電卓でも簡単に計算することが出来ます。
 
どうでしょうか?
作成してみて、どのタイミングでお金が必要か、問題点等発見できましたか?
大きなお金の流れが分かると時期を変えることが出来る、旅行の予定や車の買い替え等の出費は変更したりできますね。
 
さて、これで現状が分かったと思うので、次回は資金計画の立て方のお話をしていきましょう。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.