オペレーション部門の橋本です。

今月1日から5日まで、シンガポールに行って来ました。
税理士事務所にとってこの12月は、年末調整等すごく忙しい時期で、「何で今なん?」とお叱りを受けそうですが、強行突破です(笑)

 

 

初のシンガポール! キレイな街です。
欧米と比較して治安もいい方ですしね。
日本と同じで、車は左側通行なので戸惑うこともなく、街並など適度に外国という感じです。
 
しかし暑い。1年中最高気温が30度くらいで、日本の夏と同じように湿度が高いです。ハワイのように快適とはいきません。おまけに雨季で雨が心配だったのですが、なんと全く雨に当たらずでした。乾季でも雨季でも、1日1回はスコールが降ると聞いていたのですが、それもなく、すばらしい「晴れ女」です!
 
ここで、シンガポールについて少し。
正式国名は「シンガポール共和国」。
1965年にマレーシアより独立しています。
面積は東京23区とほぼ同じ大きさで、人口は約561万人。
民族構成は、中華系74%、マレー系13%、インド系9%、その他4%。宗教は、仏教、イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教など。言語は、国語はマレー語ですが、公用語は英語、マレー語、タミール語。
 
本当に多民族国家だなぁと思いました。色んな国の人がいます。
欧米人も思いのほか多かったのですが、聞くところによると、永住ではなく、仕事で駐在されている方が多いのだそうです。言語もほぼ英語でしたが、中国語しか通じないところもあったりします。丸々3日滞在できたので、結構回れましたよ。
 
印象的だったのは、サルタン・モスクとリトル・インディアでしょうか。

サルタン・モスクは、アラブストリートにある見学も可能なシンガポール最大のイスラム教寺院です。宗教色がとても強いように感じましたが、写真でも分かるように、とても美しい寺院です。もちろん、イスラム教なので肌の露出はNGです。でも心配は要りません。入り口にガウンが用意してあって、短パンやノースリーブの人はそれを羽織れば大丈夫です。とても厳粛な雰囲気で、礼拝堂内エリアは立ち入り禁止でした。
 

一方のリトル・インディアは、本当にエキゾチックなエリアです。
インドの雑貨やカレーのお店等が軒を連ねています。ここのカレーは美味しいそうですよ。
 
でも、こんなにインドの方が住んでいるとは、思っていませんでした。新しい発見がいっぱいです。

街も筋1本違うだけで、ガラッと変わったりします。
 
本当に楽しい旅で、リフレッシュできました。
これで、今年残りの忙しさも乗り切れると思います。多分…(笑)

 

写真も沢山撮ってきました。
定番中の定番で、マーライオンの水で頭を洗ったり飲んだりの写真も撮ったのですが、ここにUPするのはやっぱり恥ずかしいので、マーライオンだけにします(笑)
少しだけ、シンガポールを味わってくださいませ。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.