監査業務二課の金森です。
今年もあとわずか。年末調整事務も一段落ついたところでしょうか。
来年1月からは新しい給与計算がスタートしますが、今まで使っていた給与ソフトに不便さを感じることはないでしょうか?「もっとこういうことが出来たらな」と思ったら、給与ソフトの乗り換えるタイミングですよね。
 
最近の傾向としてはクラウド型のソフトに人気が高まってきているような気がします。
クラウド型給与ソフトの便利な点は、あらかじめ発行されたIDとパスワードでどのパソコンからでも処理ができ、過去のデータを別の場所へ保存したりという手間もかかりません。
 
WEB上で各従業員が自分の給与明細を見ることが可能なので、印刷する必要もありません。もちろん従来どおり明細を印刷して使用することも出来ます。これなら、支店や別の事業所の給与計算も一か所でスムーズに行えますよね。
 
今までの給与計算ソフトは、初期設定が意外と難しかったりしましたが、クラウド型のソフトは、わかりやすいチュートリアルで数人の設定ならすぐに操作出来ると思います。実際に導入されたお客様も問題なくお使いいただけているようで、WEB明細に関してはかなり高評価をいただいています。
 
税率や料率の改定があっても自動でアップデートしてくれるので、面倒な作業は必要ありません。自分で設定する場合は、ミスも起こりやすいですよね。
 
もっと便利に使いたいということであれば、勤怠管理のシステムと連携して情報を取り込むことも可能です。勤怠データの集計は、わりと時間がかかる事務作業ではないでしょうか。そういった負担を軽くするためには、クラウド型給与計算ソフトは最適だと思います。
 
同じクラウド会計システムと連携することによりお給料の仕訳を自動で取り込むことも可能です。
当事務所ではマネーフォワード社のシステム「MFクラウド給与」を使った給与計算をサポートしております。今お使いの給与ソフトからデータ移行が出来ることもあるので、それなら導入もスムーズですよね。新しい年度から始めてみませんか?

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.