オペレーション部門の橋本です。

2016年10月より適用範囲が拡大した厚生年金。

パートやアルバイトに関して、従業員数が501人以上の企業で「特定要件」を満たすと厚生年金に加入できるようになりました。
 

「特定要件」とは

1.週20時間以上
2.月額賃金88,000円以上(年収で約106万円以上)
3.勤務期間が1年以上の見込み
4.学生ではない

 
それまでの条件は、週30時間以上の労働だったので、労働時間10時間の短縮で加入条件が広がったことになります。この「パートタイマー厚生年金加入拡大」によって、37万人が新たに加入を選択し、予想の1.5倍だったそうです。
 
厚生年金に加入すると手取り金額が減ってしまうので、労働時間を減らして特定要件にかからないようにする人が多いと思われたのですが、やはり、将来の年金に対する不安からか、年金額を増やす手段とされたであろうことが窺えます。

 

どうせ加入するなら、保険料を引いても今までの手取り以上ということで、労働時間を増やし、等級も上がっているようです。

 

先日、厚生年金の加入条件が再度拡大されるという話がありました。現在の条件の内、2つに変更案が出ているようです。
 
ひとつは、「従業員数501人以上の企業」という条件を緩和する、というものです。
 
もうひとつは、先ほどの「月額賃金88,000円以上」というものが、「68,000円」と引き下げられることです。
年間にすると、816,000円ですから、かなり下がってきますね。
 
これだと、保険料を引くと手取り金額はぐーんと少なくなりますし、もちろん配偶者の社会保険の扶養にもなれません。
 
でも、厚生年金に加入するということは、メリットも多いのです。
 
一番は何といっても、年金が増えるということ。
他には、傷病手当金、出産手当金がありますし、遺族年金や障害年金も厚くなります。
この案はまだ確定ではありませんが、加入者を最大で200万人増やすことを検討するそうです。
本当に年金からは目が離せません!

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.