監査業務担当の金森です。

大ヒットした劇場アニメ「この世界の片隅に」
映画をご覧になった方も多いのではないでしょうか。
制作費はクラウドファンディングを活用して集められ、史上最高額を達成したことも話題になりました。
 
さらに今年12月には「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」というタイトルで長尺版が公開されるとか。当初の映画ではカットされたシーンや新たに追加した部分もあるそうで、ぜひ長尺版も観てみたいですね。もしかしたら、すずさん以外の誰かが物語の中心に加わるのでしょうか。
 
圧倒的な支援者に支えられたこの映画とは、いったいどのようなストーリーだったのでしょう。
 
物語は、第二次世界大戦中の広島を舞台に主人公のすずさんを通して、戦争中の日常生活の様子が描かれています。絵を描くことの好きなのんびりやのすずさんに急な縁談が持ち上がり、呉の北條家へ嫁ぐことになります。結婚相手とは幼い頃出会っていますが、すずさんはそのことを覚えていません。知らない土地での慣れない生活、気苦労の多い毎日でしたが、次第に北條家にも慣れ友達との交流も出来ます。
 

そんなごく普通の日常生活が描かれる一方、兄の戦死の知らせや頻繁に鳴る空襲警報で、この物語が戦争中であったことに改めて気づきます。中でも「死」を覚悟した幼馴染との再会シーンはとても印象的でした。誰もがあたりまえのように「死」と向き合う毎日だったんですね。
 
戦局がどんどん悪化し、いろいろな事件が起こりますが、それでも淡々と受け入れていく様子は、今の私たちには理解しにくいかもしれません。
 
戦争により普通の日常が失われてしまいます。それでも懸命に生きる人々の様子が描かれています。
祖父母から聞いた戦争の話とどこか重なる部分があります。
 
当時のことを語れる人が少なくなった今、こうした物語を通して知っておくというのも必要なのではないでしょうか。そしてこの映画が、クラウドファンディングで多くの方に支持された理由のひとつなのかもしれませんね。

* 文中の絵は「この世界の片隅に」および「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のサイトよりお借りしました。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.