つぶやき【0288話】”シェアーで所有から使用へ”で書いた、物を所有するという事から使用するという考え方へのシフトは進んでいるようです。というのは、100円パーキングに車を駐車しようと入場すると、よく見かけるのですが、その片隅に”Times Plus”という看板があり、一台か二台ほどの駐車してある車の前に、車が動かせないように”ブルースタンド”といわれる物が置いてあります。何?と思いながら見ていると、パンフレットが入り口のところにあり見てみると、まさしくカーシェアリングの車です。車は小型が多いのですが、とてもよく目に付きます。

これが噂の!と思いながら100円パーキングを利用していると、移動する範囲にあるタイムズにはかなりの箇所に設置してあります。「交通エコロジー・モビリティ財団」の調べによると、添付してあるグラフにもあるようにかなりの勢いでカーシェアリングの契約者は増加しているようです。内容をパンフレットで確認してみると、とても手軽で簡単。しかもリーズナブルな感じがします。利用方法もかなり簡単。料金体系も通常の日本車は15分200円、少しグレードの高い外車は15分400円でガソリン代、保険料は全てタダ。ちょっと1時間ほど買い物にという場合でも、800円だけ済んでしまいます。他に色々な仕組みが複合的に考えらており、非常に面白い。

タイムズプラスのカーシェアリングのページに書いてある謳い文句は、

「必要な時に、自由に車を使える」、・・・自由で便利な新しい移動手段・・・。

 まさしく、マイカーでもなくタクシーでもなく、レンタカーでもない、歩き回るわけでもなく、電車でもない、新しい移動手段です。

車という物対する考え方です。所有して使うという考え方、そして利用するだけという考え方。同じように車に乗っていても、考え方に違いがあります。車は単に移動手段の一つと考えて乗るのであれば、移動できる最低限の車で充分であり、そうではなくて、自分のステータスを表現したい或いはこの車を運転してみたいという自己満足感又は優越感を達成するためであったり、所有しているという満足感であったり、と色々な考え方、感じ方で物に対する接し方、利用方法が変わるようです。

 しかし今後は車以外にものシェアリングは益々増加するように思います。所有するという事により、使用しても使用しなくてもコストを支払うという事が発生します。家計も企業も出来るだけ経費を節約したい、特に企業では固定費をできるだけ減少させ、変動費へと移行させていく事で売り上げの変動に耐えれるように変化していきます。使用した分だけ少し割高であるけれども、使用しなかった事に対するコストリスクを考え変化しようとします。理想的には経費は全て変動費。

まあ、このタイムズのカーシェアリング一度体験してみてください。現在全国4,200台設置とありますが、都合よくどこのタイムズにあるわけでは無いのですが、使用できる状況があれば非常に便利であると思います。詳しくは、タイムズのホームページで確認を!決して営業ではありませんので悪しからず。

タイムズさんへ:マンションの駐車場とかに1台あれば便利なんですがね(^_^;

交通エコロジー・モビリティ財団  
             http://www.ecomo.or.jp/environment/carshare/carshare_graph2012.1.html

タイムズプラス   http://timesplus.jp/

【0288話】シェアーで所有から使用へ  http://farm.to/?p=4560

やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.