初めて人と会ったとき、どこで印象を決めますか? 時間をじっくりかけ、話をして決めるのもいいですが、第一印象が悪ければ、話してみたいとは思わないでしょう。

第一印象は、その人のイメージを大きく左右するものです。 何度も会って、その人のいいところや悪いところなど、いろいろな面が見えてきても、最初のイメージはなかなか消えないものです。 ビジネスの世界では特に、第一印象の与える影響は大きいと言えます。

 

では、第一印象はどのように決まるのでしょうか。  「メラビアンの法則」という、心理学者のアルバート・メラビアンが提唱した概念をご存知でしょうか。 その概念では、人の第一印象は初めて会った時の5秒で決まると言われており、言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%で成っているそうです。

この概念が事実とすると、「声のトーン」や「声の大きさ」などの聴覚情報、「見た目」や「表情」などの視覚情報がほとんどを占めており、服装や表情、喋り方を変えるだけで、人の見る目は変わってくることになります。 その中でも身だしなみというのは、いい印象を与えやすく、変えやすいものです。

 

しかし、身だしなみはビジネスの世界だけに限ったことではありません。 久しぶりに友達に会うと、「雰囲気変わったね」「大人っぽくなったね」などのやりとりをした経験があるでしょう。これも身だしなみの変化によるものと言えます。

 

最近では婚活パーティーや街コンなど、初対面の人に会う機会が増えています。 先日、私も街コンに参加してみたのですが、「あの人とは話したくないな~」「あの人、かっこいいな」など、話をする前から、身だしなみを見て決めてしまっていました。 せっかくいい印象を持ってもらえても、相手の印象が悪ければ、話が弾んでも連絡先の交換まではたどりつかないこともあったようです。

 

それ程、身だしなみの重要さは大きく、いい印象を与えるには、目的や場所に合わせた服装を着こなすことが必要になっています。 相手にいい印象を持ってもらおうと意識するだけで、身だしなみというのは変わってきます。 そして、簡単に変えやすい部分ですので、少し意識してみるといいのではないでしょうか。

 【オペレーション部門  安 野】

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.