普段は自分の体の事は注意しているようですが、やはりこういう症状が出ている時と云うのは特に興味がわいてきます。普段は小便をしながら、色や匂い泡立ち(少しリアル)を見ているぐらいになっていて、他の症状がボーダーラインに来ているのかどうかはちょっと分かりにくいのですが、こういった痛みとかが出てくると”ボーダーラインを超えてしまった!!”という事で、特にアンテナが敏感になります。

 今回は激痛は激痛だったのですが、どのくらい自分に治癒力があるのか?という事も気になっている事もあって、ちょっと戦略的に治してみようとある意味わくわくした気持もありました。
まず、戦う為には敵の事をとことん調べるという鉄則に則って、この際だから「痛風」って何でなるのかとか、「痛風」に関するあらゆる情報をwebで調べました。それでみると、「痛風」は簡単に言うとビールとかに多く含まれる”プリン体”と言われる成分が、体の中で分解された後の老廃物として尿酸というものに変わり、それが結晶化したものが足の指の関節の中に沈着し、それを人間の防御機構で白血球が反応しそれを攻撃する時に、激痛が走るという事です。尿酸は通常の人でも一定量があるのですが、「痛風」という症状になるのは、その一定量を超えると発祥するそうなんです。

詳しくは 
 http://www.tufu.or.jp/
 (色々と痛風のページを見ましたが、この”痛風研究会ホームページ “が一番よくわかりました。ありがとうございました。)

 つまりこの尿酸と云うものは毎日食事により増加したり、排泄により減少したりするのですが、そのIN と OUT のバランスが崩れることにより、ボーダーラインを超えてしまう。やはりここ最近の生活を振り返って見ると、カレーそば定食の食べすぎ??食生活というよりも完全な運動不足ですね。尿酸が増加する量より、減る量の方が少ない。尿酸が増加し減少し切るまでに、また増加する。それを長い間繰り返したのでしょう。

 まあどちらにしても、13日の昼食会までには回復し、17日の確定申告完了の打ち上げ焼肉会までには完治という目標で、じっくり戦略を練りました。それで出た今回の回復策は「断食」。OUTが少ないのであるから、INをもっと少なくすれば減少するのでは、という結論。(ちょっと単純?)しかし残り後13日まで後4日しかない。それで3日の簡単断食と大量の水分補給と排出、にしました。完全な断食ではないのですが、やはり思ったとおり金曜日の朝には朝の定例激痛タイムは無くなり、少し歩くと痛みはあるもののそんなに苦ではない。月曜日から比べると天国と地獄。

 それで腫れて?いやいや晴れて土曜日に昼食会に参加する事ができました。断食あけの海鮮料理だったので特に美味かったですね。その後も順調に食事制限をしておりますので、今日なんかは次の目標17日の完治に向かってぐんぐん回復に向かっている感じです。完治率で言うと、95%ってところでしょうか( ^_^ )V。17日の焼肉&ビールが楽しみですね。

     まだ続く

             やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.