こんにちは、ファクトリーの近藤です。

昨年あたりから、「きもの」を着る機会が増えました。

高校時代は茶道部だったので、きものを着る機会は多かったのですが、年に幾度も着るようになったのは最近のことです。普段着としての、「きもの」を着るのが楽しいということが、この頃ようやく分かってまいりました。

 
これは、「カジュアル着物」の普及を目指している方のおかげなのかもしれません。
http://yaplog.jp/kimono1hurima/

 
その方のもとで、イベントのお手伝いを、ほんの少しですがさせて頂いております。彼女のイベントは、ファブリック着物(洋服生地でできています)をおすすめすることで、若い人達に「きもの」に興味を持ってもらえないか、というものです。

「まずは練習して着てみましょう」・・・そんなイベントです。
 

「ファブリックきもの」で検索をかけると、普段、皆さんがイメージするものとは少し違う、カラフルでポップな「きもの」がずらっと出てきます。なんだか自分でも着てみたくなったりしませんか?
 

実は私、着付けをまともに習ったことがありません。まだ、半幅帯しか結べなかったりします。そんな私でも、とりあえず着物を纏ってさえみれば、不思議と褒められたりするのです。

褒められるのは楽しいです。単純なので、また着てみようと思ったりします。
そんなゆるさで「きもの」を着ています。

 
特別じゃない、普段の日に「きもの」を着てみる。
ハイカラさんみたいに袴をつければ、自転車にも乗れます。
草履が嫌なら、ブーツでも合っちゃいます。


「きもの」を着るとチャージなしで入れるBARへ行ってみたりします。「きもの」で女子会をしてみたりします。
そんなことをしていたら、お友達が増えたり、普段とは動き方が変わったり、特別感もあって楽しいことだと思います。

 

 
着る柄などを選んでいれば、何歳になっても違和感がありません。

あなたも「普段着なきもの」着てみませんか?

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.