240_011.jpg 7年前の2002年11月に大阪ドーム今の京セラドームで、ポールマッカートニーのコンサートに行ってきたというのを第103話のつぶやきで書きました。それから7年後の先日また同じ場所で、今度はサイモン&ガーファンクルのコンサートがあり行ってまいりました。流石S&Gですね。京セラドームですから3万人は入るんでしょうが超満員!しかも周りを見回すと、入場するのに並んでいるお客さんは50才オーバーの方々が見受けられます。グルッと見渡した感じ75%ぐらいですか・・・。我々も4名。構成はK社Y社長68歳(他3名のスポンサー)、R社Y社長54歳、私51歳、事務所スタッフM氏40歳。(この割合から50歳オーバー率を割り出しました)

240.jpg ポールマッカートニーが当時60歳の還暦だったので現在67歳?、サイモンもガーファンクルも67歳という事なので、偶然同い歳なんでしょうか。なのになのに、あのキーの高く澄んだ声のガーファンクルも全く35年~6年と変わっていません。それに何とも言えないやきもちを焼きたくなるような、コンビネーションとハーモニー。何曲歌ったのか覚えていませんが、名曲は殆ど出し尽くしたぐらいでアンコールです。
R社Y社長  ”サウンド・オブ・サイレンス”やな!
私      ”ボクサー”かも?

 やっぱり!!アンコールの最初は”サウンド・オブ・サイレンス”二曲目は”ボクサー”です。

Y社長も私も感動のあまり、”おぉ~!!”の歓声

 S&Gの新曲というのはあまり知らないのですが、何十年も前の曲だけで各地で3~4万人のお客さんが挙って集うというのは凄いですね。芸術と商品を比べるのも何なんですが、S&Gの曲を商品と考えると、メンソレータムとかチキンラーメンとかに匹敵する息の長~い商品ですね。最近登場する直ぐに飽きられてしまう商品とは全く違う商品価値を持った商品!正に芸術作品ですね。

 今回の日本公演で二人が一緒にコンサートするのが最後ということみたいなんですが、”やっぱり再結成してもう一回コンサート開催!今度こそ最後のコンサート!”となったら、行ってしまうんでしょうね。

 http://www.youtube.com/watch?v=iZdGusEF0XI

                        やこやこ

■演奏曲

アメリカ(インスト)
旧友,ブックエンド,冬の散歩道,アイ・アム・ア・ロック,アメリカ
キャシーの歌
【若い頃の曲】(15歳のときの曲だと言ってました。)
ヘイ・スクール・ガール,ビーバッパ・ルーラ

スカボロー・フェア,早く家に帰りたい,ミセス・ロビンソン,スリップ・スライディン・アウェイ,コンドルは飛んで行く

【アート・ガーファンクル・ソロ】
ブライト・アイズ,ハート・イン・ニューヨーク,パーフェクト・モーメント~ナウ・アイ・レイ・ミー・ダウン・トゥ・スリープ

【ポール・サイモン・ソロ】
ボーイ・イン・ザ・バブル,グレイスランド,時の流れに

ニューヨークの少年,マイ・リトル・タウン,明日に架ける橋

【アンコール1】
サウンド・オブ・サイレンス,ボクサー

【アンコール2】
ボクサー,木の葉は緑,愛しのセシリア

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.