皆様こんにちは。監査業務0課の福川です。
今回は特徴の4つ目「国内給与計算初!ワンクリックで給与振込が可能」についてみていきましょう。
 
給与振込といえば、「銀行窓口」か「インターネットバンキング」での振込が多いのではないでしょうか。窓口での振込は、移動時間や振込依頼書作成の手間、銀行での待ち時間とたくさんのコストを費やします。インターネットバンキングでの振込でも、毎回従業員ごとの給与データを一から手入力し、1件1件振込の準備をしますので、作成や振込までの一連の作業でものすごく時間がかかります。



 

これに対して「MFクラウド給与」では、ワンクリックで給与振込が可能になりました。MFクラウド給与自体に「給与振込連携機能」があるため、従業員の口座に直接給与を振り込むことができるのです。そのため給与の帳票が不要で、毎月銀行の窓口に出向いたり、インターネットバンキングで振り込む手間もなくなります。大きな時間短縮や手間の削減につながりますね。今現在、みずほ銀行、三井住友銀行が この「給与振込連携機能」に対応しています。

また、この給与振込連携機能は、業務の効率化を図るだけでなく、振込手数料をも削減することができます。たとえば従業員が10人で、1件の振込手数料432円の場合。通常だと一ヶ月4,320円、一年で51,840円かかります。ところが、みずほ銀行の場合は同一店内宛の手数料が無料、三井住友銀行の場合は、窓口振込と比べ手数料が半額となります。この削減額は大きいですね。ぜひご検討ください!

 

次回からは、FCパートナーズのオススメ商品の一つ「おもてなし電話」について説明を行いたいと思います。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.