監査担当の永野です。

これが今年最後のスタッフブログ、おまけに平成最後の年末年始が目の前です!
『平成最後の夏』というフレーズを初めて聞いて、“何のこと?”って感じでした・・・。もちろん天皇陛下が退位され、新天皇が即位されるのは知っていましたとも。ただそれが繋がっていなかったのが、恥ずかしい。
 
最近は何にでも付いていますよね、『平成最後の~』って。忘年会やら有馬記念、果てはクリスマスまで。実はこのフレーズ、余り好意的に感じておりません。なんか煽られている気がするのは私だけでしょうか。
 
さて、その即位される5月1日を祝日にする法律も可決・成立して、来年のゴールデンウィーク(4月27日~5月6日)は10連休にして、祝賀ムードを高めるのが目的なんだとか。が、この10連休が一部の人たちの間で評判がよろしくないようです。考えてみれば、休みが増えると収入に影響する場合もあるでしょうし、役所や病院の対応も気になるところです。
 
個人的に真っ先に頭に浮かんだのは、観光地は混むだろうし、どこへ行っても人・人・人だろうな、あちこちで渋滞も起こるな。なので、私は静かにお祝い申し上げる時間になりそうです。10連休は来年だけなので、どのように過ごすか、じっくり考えた方が良さそうですね。
 
元号も変わります。『平成』に変わった時は、当時の小渕内閣官房長官が台紙を示しながら発表した姿を鮮明に記憶しております。(もしかしたらその後観た映像かもしれませんが・・・)まさか人生で2度もそういう場面に出くわすとは思ってもいませんでした。
 
ネット上では「安」が付くのでは、などと色々候補はあるようですが、何に決まるのか楽しみです。昭和生まれとしては、平成を経て次の元号を経験すると、幼い頃に明治生まれを大昔の人のように感じたもので、その立場になり、どんな風に思われるのか怖い気もしますが気になるところではあります。
 
そんな2019年ですが、来年の干支は、己亥(つちのとい)といい、己は十干の6番目。草木が成長を終えて姿が整った状態。亥は十二支の最後で、種の中にエネルギーがこもっている状態だとか。内面の充実を心がけると良いみたいですよ。

内なる充実をはかり、次のステージの準備をする年。今、順風満帆だとしても、さらにインプットを意識すると、東京オリンピックの2020年には新たな展開へ繋がるかもしれません。アウトプットしないと、インプット出来ないという話も聞きますので、そこは個人のバランス感覚でしょうか。亥年だからって猪突猛進ばかりじゃ、落とし穴に落ちてしまうかも・・・でもその勢いだけは大切にしたいものですね!
 
最後に、本年も皆様には、ひとかたならぬお世話になり、ありがとうございました。
元号が変わっても、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
税理士法人FCパートナーズは、さらに体制を整え、皆様に喜んで頂けるサービスを心がけて参ります。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.