2010.12.16

カテゴリー -

オペレーション部門所属の中澤です。
主に、お客様のデータ入力や給与計算などをしています。

来年7月24日の地上デジタル放送移行に伴い、我が家の厚さ40~50cmもあろうかというブラウン管テレビも買い替え時を迎えました。

 そして11月初旬のある昼休み、事務所の先輩から 

先輩 : 「もうおうちはデジタルテレビですか?」
  : 「いいえ、まだなんです。」
先輩 : 「あら、エコポイントが・・・」
間髪いれず
  : 「あっ、来年3月まで延長したんですよね。」と、自慢げに答えたところ、
先輩 : 「いやそうじゃなくて来月からポイントが半分になるでしょう?」
  : 「・・・・・!!!!」
先輩 : 「知らなかった?」
  : 「はい、その情報は・・・(*_*)」
今のブラウン管テレビも、まだ状態は良いし地デジチューナーでも問題はないのですが、やはり薄型テレビは魅力的。家電量販店に立ち寄っては色々と見ていたのですが、本格的に検討しないといけない状況となると、多数あるメーカーからどれを選択すれば良いのかが分からない。と言う事で現場へ。

結局いつものお店へ行ったのは11月末。その日は平日にもかかわらず、私と同じ駆け込み購入に来た人達で店内は大混雑。レジ待ちの人が、月末の銀行か休み明けの病院かと思うくらい大勢いて、この光景に少々うんざり気味だったのですが、気を持ち直してまずは現物を比較するところから・・・。

しょっぱなに3Dデジタルの最新型を見つけ、(30万は高いなぁ)と足を止めていたところ
店員 : 「・・(説明省略)・・。で、今ご購入して頂きますと普段でしたら1個しか付かない3D用のメガネがご家族でも楽しんで頂けるよう、あと2個お付け出来るんです。」
(買わないのに)と内心思いながら最後まで説明を聞き続け終わったところで、
  私 : 「パンフレットはどこに置いてあるんですか?」
店員 : 「・・・。あちらに置いてございます。」

案内された所には各社のパンフレットが置いてあり、全部取ると結構な重量で購入意識もだんだん薄れ(また明日)という事で店をあとにしました。

結局未だに購入できずにいるのですが、元々、説明書類を読むことが嫌いでパンフレットを入手したことに満足し、検討さえできていない状態です。

「決めかねているので、誰が広告塔になっているのかで決めようかな。」と話をしたところ「いるんですね、そういう決め方する人。」と言われ、今なお、パンフレットと格闘中です。

駆け込み需要で11月の薄型テレビの販売台数は単月ベースで過去最高だったそうです。また来年には対象商品の省エネ基準も厳しくなるらしく、(損をしない様に情報に敏感でいないとっ!)と思う今日この頃です。

どなたかお薦めテレビがあれば教えてくださいな。(笑)

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.