オペレーション部門の齊藤です。
ちょうど1年ほど前になりますが、ミュージカルの魅力についてお話しました。 そして、”今後も素敵な舞台が私を待っています。”と締めくくっていましたが、その時はまさかこんな状況になるとは夢にも思わず・・・。
この1年は世界中の演劇界にとって、そして観る側にとっても切ない1年となりました。
 

通常ミュージカルのスケジュールは1年ほど先まで発表になり、チケットも早くから申し込みが始まります。 今年に入り、コロナの嫌な話が少し流れつつあった頃、私はすでに前半4つの公演チケットを入手済みでした。
2月末頃は、絶対観たい!でももし感染してしまったら・・・とかなり気持ちが揺れ動いていました。それが数日後には、舞台を中止するという衝撃の発表。
もし公演が続行され、自己判断で行かないと決めたとしたら、かなり悔しい気持ちになったと思うので、上演されない方がよかったというのが正直な気持ちではあるのですが、次から次へと“中止”“延期”と発表されると本当に悲しい気持ちになりました。
 

舞台は共同作業です。キャストだけでなく、オーケストラ、大道具や小道具を作る人達、衣装を作る人達、他にも大勢の人たちの力によって作られています。そしてキャストは上演するために何か月も稽古をしてきています。それらがすべて0になってしまう悔しさを想像すると、可哀想で仕方がありません。 当然それを観ることができなかった私自身、残念の一言では収まりません。
 

いったん感染が下火になった初夏に、梅田での『NINE』のチケットを思い切って購入しました。 今年初となる観劇を心待ちにしていましたが、大阪の感染拡大による赤信号。
医療崩壊寸前(もう崩壊している?)のニュースを見るにつけ、果たして劇場空間に踏み込んでもいいのだろうかと迷いに迷い・・・念のため劇場に確認したところ、「政府の規制緩和を受けて席によっては通常とおり(つまりぎっしり)となっております」と。
なぜ今規制緩和!?ありえない!と叫びたくなりましたが、電話口の方にいったところで仕方ないことです。
 

1席空けてあっても不安が残っていたのに、この話を聞いてもうこれはやめておこうと決心しました。SNSなどを見ても、感染が拡大し出向くわけにはいかないのでチケットを譲りますという人が大勢いました。
私のチケット代も無駄になってしまいました。 他の用事ができていけなくなってしまった・・・なんてことも過去一度もなかったので、しかもこのような理由で無駄にしてしまったことは、本当に悔しいです。
 

この数十年で、一度も劇場に足を運ばなかった年は初めてでした。
今も次々と公演スケジュールが発表されていています。どれもこれも観たい!! う~ん、また悩ましい日々が始まります。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.