会社で使用している車(プリウス号)がそろそろリース期間終了、と更新の通知が届きました。そこで、通常通り更新をと考え、その手続きを行おうと思ったのですが、更新後のリース料を見ると、5年前から使用しているモデルの車を同じような金額でまた借りるの??っていう感覚。
 
 まあ、本体価格に色々な諸費用を加算したリース料なので、支払う金額は別に暴利をむさぼられている訳ではないのですが、何か感覚的に中古品を高く借りるようになってしまい、それなら!と色々と思考する事となりました。その思考する基本的な要素は、1)資金調達、2)月々の支払額、3)経費算入及び税額効果、4)使用する車の快適度、5)メンテナンス及び附帯経費に関する側面、等々です。
 
 そして、最近よく耳にする「残価設定クレジット(通称、残クレ)」です。以前からこの方式はよくあったのですが、自動車の販売会社に行き、展示されている車の値札に、”毎月○○、○○○円”で、”え!その値段でこの車が乗れるの?っていう、誘惑的なアピールです。単にローンを組んで購入できそうな車よりも、その車体車体価格を大きく上回る車に手が届けそうになる「残価設定クレジット」も考えながら、これらの要素をどの選択でいくか?を列挙すると

ア)現在のリースを更新して使用
イ)車を変えてリース
ウ)違う車を現金購入
エ)違う車を通常のローンで購入
オ)違う車を残価設定クレジット購入

 
ここで少しおさらい

【カーリース契約】

利用料を支払って車両に乗る方法。
(車両本体価格+自賠責保険料+各種税金+各種手数料-「残価」)÷契約月数
 
【残価設定クレジット取組】

あらかじめ将来の下取り価格を設定して、その価格を引いた残額に対してローンを組んで購入する方法。
(車両本体価格-将来の下取価格(その車種の中古車市場価格を参考))÷分割回数
 
同じように車を利用するために、お金を支払うのですが、大きく分けて、自分の物にするのか?それとも借りるのか?まあリースであっても、 現金又はローンで購入であっても、結局、車を利用するという行為は同じなのですが、契約が色々とある中から、一番都合の良い方法を選ぶことになります。
 
それぞれのメリット・デメリットは詳しく書かれたサイトをググってもらえばいいのですが、計算上支払金額のみを考えるのなら、本体価格から車検、保険の費用まで全て現金で支払うのが一番安くつきます。他は手間賃や金利、手数料等が加算される分支払額は大きくなりますが、支払総額の以外の要素をどのうように考えるかで決める事になりますね。
 
当社の結論はまだ出していませんが、一番安くするのであれば、今までリースしていたプリウス号を買い取る。だと思われます。しかし、ちょっと違う要素で、イ)車を変えてリース、ですかね(^-^)

やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.