総務部の矢子です。

やっと、緊急事態宣言も解除され、感染者数も減少となりました。
とは言え、気を緩めず感染対策は続行ですね。
コロナで職場と自宅以外で過ごすことが減ってしまった毎日。
ストレス解消に安全でゆっくりと本を読めて美味しいコーヒーが飲みたい、とネットで調べて今回は「Book Café ULM(ウルム)」に行ってきました。

JR摂津本山駅北側を東へ線路沿いに歩くと、すぐに見つかりました。
初めてなのでドキドキしながら店内に入ると、素敵な音楽が流れ、素敵な本に囲まれお客様何人かがランチを食べながら読書。

店主の方が見当たらず
「こんにちは~。初めてなのですが~」
「あら、ごめんなさい。気がつかなかったわ。どうぞ好きな席な席にお座りくださいね。」
と、奥から声が。

床には絨毯が敷いてあるので、足音も響かないぐらいとっても静か。素敵なアイデアも浮かびそう。
そう、これ、これです!私が求めていた空間です。

中央のデーブルのゆったりとした椅子に座り、クッションの柔らかさも丁度よい感じ。お昼は済ませてきたので、今回はカフェオレを注文。
店主手作りの、まだちょっぴりあったかいスイートポテトも付いていて甘さ控えめで美味しい。

ランチも有機野菜をたっぷりと使用した「バランスごはん」がメニューにありました。次回は是非ともこれを頂きたいなぁ。
和室もあり、店主のお話しによると小さなお子さんもここでゴロゴロと寝転がりながら本が読んだりできるそうです。私こそゴロゴロしたいなぁ。お客様お勧めの本が並ぶ棚もありました。
 
自宅からは少し遠いですがここに来てほんとよかったです。時間を忘れてどっぷりと本の世界に入り込めました。
電子書籍が増え本屋さんもかなり減りました。
自宅でパソコンでポチすればいつでも読みたい本が自宅に届きますが、新たな事業としてブックカフェは増えているようです。

 

○ブックカフェは心穏やかに過ごせる空間
・コーヒーを飲みながら好きな本を読んでいるとホッとする。
・静かなカフェで本を開いて落ち着いて読むことができる。
・仕事で疲れた時に、心穏やかに過ごせる。そして、また頑張ろうという気持ちになれる。

 

○ブックカフェは新たな出会いの場
・特定ジャンルの本を専門に扱うお店が多く、こだわりの本のラインナップで
・新たな本との出会いを演出してくれる。
・店の様子を見ると店主の思いが分かるので、店主との会話を楽しむことができる。

 

○ブックカフェはコミュニケーションの場
・本の話が間に入ってくると、そこから話が広がっていく。
・本を中心としたコミュニケーションが取れるので楽しい。
・本を介して興味や趣味を同じくする同好の志を見つけることができる。

 

勉強会、読書会、料理教室、カウンセリング、個展等も随時開催。
貸し切りも出来るそうですよ。

皆さんもいかがですか?
HPはこちらから

 

 

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.