オペレーション部門の中澤です。

今回はトピック別に「徒然なるままに~」進めさせて頂きます<m(__)m>

 

久しぶりの手芸

コロナが上陸して当初は、得体の知れないウイルスにビクビクしながらの生活で家時間が増え、フリータイムを無駄に過ごす事もあったのですが、無印良品で爆売れしている「ジュート マイバッグ」に出会った瞬間に、「このシンプルなバッグをカスタマイズしたい!」という衝動にかられ、作った作品がこちら。~嵐のコンサートグッズのバッジも添えて。

 

YouTubeでもカスタマイズされている動画をあげている方がいらっしゃって、もうレベルが違い過ぎて脱帽。私の子供達はここでデビューをさせて頂きました。あといくつか作って友達に押し付けるようにプレゼントしていました。そのおかげで昨年は充実した家時間を過ごす事ができました。

 

映画 ~期待を裏切らないトム・クルーズ

現在公開されている「トップガン マーヴェリック」。
もう凄い!の一言です。飛行シーンはとにかく恰好が良く、トム・クルーズはやっぱりヒーローでした。実は一作目の「トップガン」を観た事がないのですが、過去の映像も交えていたりするので人物の関係性もわかってトップガンビギナーにも十分楽しめる内容でした。
トム役の飛行機乗りを貫くベテランパイロットが今度はトップガンで教官として後輩を育てていくストーリー。訓練が型破りな方法の為、上官のイライラが収まらない。でもそれは、ミッションを完遂して生きて帰る為。「いい人」をトム・クルーズが嫌味なく好演しています。お薦めです。Don’t miss it !

 

うん十年犬派だったのですが猫派になりました。
これもYouTubeなのですが、「二本足のエース君」がきっかけです。
元保護猫の後肢の無い障害猫で、自傷をする為洋服を着ています。字面だけだと「可哀想な猫」という感じですが、映像で見るエース君は違います。
二本足でも運動神経は抜群!よくおしゃべりをするし、遊ぶのも食べるのも一生懸命なところが元気をもらえます。また先住猫さんに「シャーッ」と威嚇されてもめげない姿は尊敬してしまいます。

元々は沖縄出身で交通事故か何かで負傷し保健所で一時保護されましたが、保護猫活動家にレスキューされ、すんでのところで殺処分を免れた過去があります。事故にさえ遭わなければきっと「おしゃれキャット」のトーマス・オマリーのようなイケメン(キャット)になっていたんじゃないかと思うんです。奪うのも人間、それを救ったのも人間。

今は里親さんの愛情を一身に受けて幸せに過ごしているエース君なのですが、実際のところ人間の事をどう思っているんだろうと映像を見ながら思ったりします。

今は、猫を飼う人が犬を飼う人を上回っているとの事なのですが、猫も犬も名前ランキングの1位は「麦」だそうです。猫のいる生活に憧れる今日この頃ですが、生き物の命を預かるという事の覚悟が必要ですね。

 

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.