今年も所得税の確定申告が無事終了しました。毎年この時期は会計事務所の一大イベントのような感じで仕事が進んでいきます。事務所へ来られるお客さんも、普段よりは多く事務所もにぎやかです。法人の申告は1年のうちどの日を決算にしても良いのですが、個人申告場合は締め切りが3月15日(今年は土日の関係で17日)と同じ日という事で、我々決算を行なう件数にすると非常に多くなります。

 例年、事務所で朝昼晩と顔をつき合わせながら、食事をともにする事が多くなります。昼食なんかはこの時期ではなくても普段からある事なのですが、この時期は夕食もともにしたり、お客さんが土産で持ってきてくれるおやつを食べたりと、そういったのがあると、確定申告時期やな~なんて感じます。

 ここ最近晩飯まで一緒に食べるという事が、非常に少なくなりました。仕事のボリューム事態はそんなに変っていないのですが、余裕綽々とは言いませんが夜中までやり続けて、や
 と完了って言うのがなくなりました。それはやっぱりコンピューターの発達なんでしょうね。

  以前はとにかく、集計→検算→下書き→清書でやっと一件完了。すべて手書きで、書類の控えなんかは、カーボン紙をひきながらずれない様に、清書していくという作業でとにかく今と比べると、よくやってたって感じです。

 コンピューターの発達によって、非常に作業は合理化され作業時間はとても短縮され、正確で見栄えのいい仕事になって、仕事的には大進歩したように感じるのですが、ある面昔を思い出します。夜遅くまで仕事しながら、朝昼晩と一緒に食事をしたり、徹夜しながら仕事をしたり、そういった仕事の中から生まれる連帯感のようなものが、少し無いような。

 まあ、総合的にはコンピューター化により、今までよりは自分の時間が多く持てる。まあいいのかもしれませんね。

                やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.