オペレーション部門の中澤です。
2021年7月23日。いよいよオリンピックが開幕します。ここまで紆余曲折ありながらも、とうとうこの日がやって来ます。2020年夏季オリンピックの開催地が日本に決定したのは2013年の9月の事でした。
私もこの朗報をブログに掲載をしました。当時のブログを読み返すと、「オリンピックが日本にやってくる!」と、私も大興奮していた様子です。
 
「O・MO・TE・NA・SHI」という言葉も当時大流行になりましたよね。海外からの選手団をはじめ応援の為に来日する外国人がわんさと日本にやって来て、凄い祭典になるだろうと想像を膨らませていました。
 
しかし・・・。
 
コロナウイルスのパンデミックにより、開催は1年延期。聖火リレーを辞退する芸能人に公道を走ることのできない聖火リレー。問題山積に本来のスポーツの祭典の華々しさは影をひそめてしまいました。私も開催に賛否がある中、この時期に無理をして決行する必要があるのだろうか、またオリンピック委員会もIOCに言われるがままで色んな要望に、「NO!」と言う勇気はないのか?と不信感を持っていました。
 
が、この日の為に頑張って来た選手達。出場が決定して歓喜に涙する選手、またもう少しのところで枠から外れてしまって涙する選手を見ると、心から応援したい気持ちになります。コロナも終息する事なく、東京も4回目の緊急事態宣言に入ってしまいました。そんな中でも
「大成功だったね。」
「開催前の心配事は杞憂だったね。」
「さすがNIPPON!」
と言わしめる大会になる事を切に願っています。
 
さて、今回は英語以外のお話しを。
 
もうン十年英会話を続けているのですが、途中他の言語にも興味を持って勉強をした事がありました。韓国語にイタリア語。どれも独学の「いっちょかみ」で継続はしなかったのですが、挫折のきっかけがくるまでは楽しく勉強していたなと最近思い出し、イタリア語の本を引っ張り出してきました。
 
英語も動詞の不規則変化や名詞の単数形に複数形と変化のある言語ですが、イタリア語も同様で女性形に男性形と変化がありこの辺から挫折をしたように思います。
 
始まりは、
 
Buongiorno. (ブォンジョルノ)こんにちは、おはよう
Buonasera. (ブォナセーラ) こんばんは
Ciao.(チャオ) やあ、またね
 
から。でもわざわざ勉強しなくてもよく耳に入る言葉。
 
その次にくるのが、
 
Come stai ? (コメ スタイ)元気?
Bene, grazie. (ベーネ グラーツィエ)元気だよ、ありがとう。
 
英会話でいうところの、How are you ? と、言語学習の始まりはやはり挨拶とお礼。
 
ページをめくっていくと、何かまた楽しくなってきたのでイタリア語勉強再開という事で始めていこうと思います。最後にいまだに覚えているイタリア語で自己紹介を。
 
Mi chiamo Tomoko. (ミ キアーモ トモコ)
私の名前はトモコです。

Sono giapponese. (ソーノ ジャッポネーゼ)
私は日本人です。
 
以上です!
Arrivederci.
Grazie.

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.