今週の初めの朝です。5時半ぐらいでしたか右足の親指付け根の激痛で目が覚めました。ギョー!!!またやってきたか~!!!それにしても痛い~!!!心臓の鼓動に合せたカスタネットのような、打って休んでという二拍子の痛みではなく、休みの無い一拍子?つまりまたまたカスタネットで言うと、打ったまま押さえ続けた感覚の痛み。先週、風呂に入っている時に、右足の親指をそらして見たときに何か変な違和感はあったので、ひょっとして?まさか?という感じはあったのですが、このときにはまだ痛みはなく、大丈夫かななんて思っておりました。

 今回は”なんじゃこれ~??”とは思いませんでした。”げ~、またか~!!”でした。「痛風」です。痛風とはよく言ったもんで、風が吹いても痛いぐらい痛い。前回は6年ぐらい前です。初めてなったときも、激痛で目が覚めたのでしたが、寝てる間に足元の何かを右足の親指で突き飛ばして、突き指でもしたのかと思っていつものごとく、その日は病院にも行かずじっと我慢しながら仕事をしていたのですが、痛むところを触って見たり色々と心配してくれる人の話を聞いているうちに、「痛風」といという事が判明しました。。

 医者に早く行けという意見も多かったのですが、病院嫌いの私。我慢しながら痛みが通りすぎるのを待ちました。しかし、治らず益々足は腫れてくるし、痛みは増してくる。自分の自然治癒力を信じてとにかく薬は極力飲まない主義です。飲んでしまうと、自然治癒力は落ち、薬に頼らないと治らない体になってしまう。あ~!しかし痛い!!

 ゴルフに行く日が3日前まで迫っているのに、まだ靴が履けないという状況に追い込まれ、民間療法の最たる最終手段を決行することにしました。お陰で次の日にはぴたり治まり、無事ゴルフに行けました。その手段はちょっと刺激が強いので、この場では伏せておきますが、今回もやはり激痛。前回と今回どっちが痛いのか?という質問も無いでしょうが、どちらも同じぐらい痛いですね。
 
/Attention/
 今回のコラムは”痛”という文字が多様されておりますが、意識的に使っているわけではありません。あしからず。

              続く

                 やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.