今日は岐阜に出張でした。新幹線で岐阜羽島駅まで行きます。岐阜羽島の駅に近づくと、長良川の手前で線路沿いに巨大な建造物が現れます。通るたびに何なんかな~?と見てました。聞くとサンヨー電機が作った”ソーラーアーク”なる太陽光発電装置らしいです。そんじょそこらの中途半端な大きさではなく、異常にでかい。これだけ大きいと、ついつい見てしまうぐらい大きくて、ちょっと変わった形です。年間推定発電量:530,000kWh とHPには書いてあるのですが、それがどのくらいか私のはわかりません。とにかくたくさん発電でけるという量なんでしょう。重量:3000ton とも書いてあるので重いんでしょうね。

 電力事業法の改正で、電力を作るという事が以前よりもちょっと自由化になった事もこういった事の進行を早めているのかも知れません。普通の家でも自分とこの電力は太陽光発電で補い、余った電力は電力会社に売電する。したがって、電力会社は電力の卸会社または仲介業者になっていくという方向性ですね。そういう事も踏まえて、一度太陽光発電を事務所でもやってみようと研究したことはあるのですが、現在ではまだまだ価格が高すぎて、関西電力の電気を買うほうが安いという事で、あきらめた事を思い出します。しかし、いつかは自家発電、環境の事も考えてまだまだ諦めてません。ファームの目的の中に、電力の販売という事を追加するのもひょっとしたら、近いかも知れません。

 ソーラーアークの写真を撮れませんでしたので、HPでご覧下さい。

 http://www.asahi-net.or.jp/~ap8n-tn/sun/photo/photorsa/sanyo/sanyo.html

 それから、環境に対する提言という事で、以前松下電器産業に対して投稿した事がHPに載ってましたので、ついでにご覧下さい。内容はリサイクルというジャンルですが。

 http://www.matsushita.co.jp/environment/2000/minasama/

           やこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.