家に入るチラシを見ていると、”テレビにエアコン無料で引き取ります!!故障していてもOK”というのがありました。今はリサイクル法により、そういった家電製品を廃棄するのに、4000円ぐらいはゆうにかかるというご時世に、無料で引き取る。引き取り料が1050円、持込の場合は0円です。取りに来るといっても、三木市からです。引き取って廃棄すると言うのでは採算が合わない。という事は、リサイクルして故障しているものは、修理をして販売しているのでしょう。

 顧問先のM社からも、自動車の廃車を約5000tとペットボトルのチップ状にしたもの5000t用意できる産廃業者を紹介してほしいという依頼もありました。これは中国に輸出すると言う目的で、日本で集めるという商売です。どちらにしても、最近の時代背景に非常にマッチしているというか、ちょっと遅いぐらいの進行です。今までは使えなくなった物をどんどん焼却処分して、また新しい商品をどんどん買わせる。環境破壊とか全く関係なしで、企業収益のみを考えて戦略を立てるという企業経営にも陰りが出るのは当たり前のように思います。その結果かどうかはわかりませんが、不景気ということと相まって、新品で高いものより中古で安いもの、ペットボトルのチップを原料にした、価格破壊を起こすぐらいの衣料品、そういったものが売れる時代になってきたようにも思います。

 しかしこれからは、こういった価格面のみで安いものが売れるという側面ではなくて、どのくらい環境等を考えた商品なのかで、商品を選択していきたいものです。そして、我々事務所も大量に物を消費し大量のゴミを出すという、何も考えないで普通にやっている事も、もう少し認識をもって行動したいです。

                  やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.