wmn0096-001
オペレーション部門の安野です。

名刺交換は、自己紹介をするのに欠かせないツールです。

最初の印象がここで決まると言っても過言ではないですが、苦手意識をもっている方、どういうやり方が正しいのかを知らない方も多いのではないでしょうか?

「とりあえず交換できたらOK」と思われている方は、間違ったやり方をしているかもしれません。

この機会に、自分の名刺交換の仕方をチェックしていただけたらと思います。

では、名刺交換の流れを見ていきましょう。

①渡す名刺を準備する
meisi7名刺入れは、すぐに取り出せるよう胸ポケットに入れておきましょう。

間違ってもズボンのポケットから取り出さないようにします。

女性のスーツで胸ポケットがない場合は、あらかじめ名刺入れをカバンから取り出し、手元に用意しておきましょう。

名刺入れも、定期入れや財布と兼用でないもの使いましょう。

 
②名刺を相手に渡す
meishi-1名刺交換は、椅子に座ったままや、机やカウンター越しに行なうのではなく、必ず立って行います。

名刺は相手に正面を向けて、両手で渡します。

この時、名刺の文字に手がかからないよう注意し、相手が差し出した名刺よりも低い位置で差し出しましょう。

こうすることで、謙虚な姿勢が相手に伝わります。

 
③自己紹介する

名刺を差し出すと同時に「○○株式会社の○○と申します。」と笑顔ではっきり言い、名前を確認してもらいます。

③名刺を受け取る

meishi-2渡す時と同様、受け取る時も相手の名刺の文字に指がかからないように気をつけ、両手で受け取りましょう。

「頂戴します」と言って受け取り、相手の名前を確認します。

この際、読めない漢字だったりしたらすぐに「失礼ですが、○○とお読みしたらよろしいのでしょうか?」「恐れ入りますが、なんとお読みすればよろしいですか」と間違いのないように、名前を確認しましょう。

「すてきな名前ですね」など言葉を挟むのもいいでしょう。

 
④名刺をしまう

名刺はすぐにしまわないで、名刺入れの上に置くようにし、机の上にじかに置かないようにしましょう。

名前を覚えたらしまっても構いませんが、会話中にしまったり、相手より早くしまうのは失礼になるので、タイミングをみてしまうようにしましょう。

帰る合図としてしまう方もいるようなので、その場のタイミングでしまうようにしましょう。

以上が名刺交換の流れになります。

次回は、名刺を同時に差し出した場合などのポイントを書きたいと思います。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.