President Obama came to Hiroshima

[Hiroshima Speech]

Seventy-one years ago, on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

 

[和訳]

71年前、雲一つない晴れた朝、空から死が降ってきて世界は変わりました。
閃光と炎の壁が街を破壊し、人類が自らを滅ぼす道具を手にしたのです。(オバマ大統領演説より)

 

5月27日、現職のアメリカ大統領が初めて広島の平和公園を訪れました。被爆者の方達にとっては悲願であり、「戦争を終わらせるためには原爆投下は仕方がなかった」という原爆投下に肯定的なアメリカ人もまだ多い中での訪問は、世界でも注目されていました。
 
オバマ大統領の広島訪問はその日のトップニュースで、私もテレビで演説の様子を観ました。演説の内容を理解できたわけではなかったのですが、厳粛な雰囲気の中、一言一言を大事に語る姿は、何か心に染み入るような、すごく心を動かされる演説でした。
 
今、書店に行くとオバマ大統領の広島演説に関する書籍がたくさん出ています。
私も早速購入しました。「こんな事を言っていたんだな」とスマホに入れ聞いています。
 
まず、
 

Why do we come to this place, to Hiroshima ?

(私達は何故この地、広島を訪れるのでしょうか?)

 
という疑問から始まります。人類の戦いの歴史にふれ、第二次世界大戦で犠牲になった人達への追悼と、そして核心へと演説はすすんでいきます。
 
そして、その答えは、
 

obamaScience allows us to communicate across the seas and fly above the clouds; to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever-more efficient killing machines, so the scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution, as well. Hiroshima teaches this truth.

(科学の革命で生活が便利になり向上したのと同時に、使い方を間違えると殺人マシーンにもなりうる。だから、科学の革命には道徳の革命が必要である。そして、この真実を教えてくれるのが広島なのだと。)

 

核爆弾は核弾頭へ小型化され、無くなるどころか進化しているのが現状です。核爆弾を何個保有しているかで国どうしが牽制しあい、そのギリギリのところで今の平和があるのだろうと思います。核を保有している世界のリーダー達は広島、長崎の原爆記念館を訪れるべきだと思うし、犠牲になった人達の物語を知るべきだと思います。

 

I guess I’ll close for now.
See you next time.

The 2nd section
T. Nakazawa

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.