オペレーション部門の須藤です。

社会人になって数十年。
運動をまったくしない生活が長年続いたためか、気がつけばビックリするくらい身体が硬くなっていました。このままじゃイケナイ!と思うものの、心拍数の上がる激しい運動はイヤ(笑)。ということで、たまたまチラシで見かけたホットヨガに通うことにしました。6月から始めたので、そろそろ10ヶ月になるでしょうか。

 

普通のヨガとホットヨガの違いは、ざっくり言うと温湿度設定の違いのようです。ヨガが常温で行なうのに対して、ホットヨガでは室内温度32~38℃、湿度50~60%くらい。これは、ヨガ発祥の地インドの環境を再現しているそうです。これくらいなら、サウナが苦手な私も大丈夫。この中で色々なヨガポーズを取っていくのですが、室内が暖かいおかげで負荷がかからず、気持ちいいくらいに身体が伸びます。ついさっきまで硬かったことを、すっかり忘れてしまいそうです。

 

ヨガは呼吸が大切といわれますが、照明を少し暗めにした落ち着いた空間で、深い呼吸を一時間ゆったりとしながら行なうと、周りが全く気にならずに集中でき、ひたすら自分と向き合う時間になります。これが意外と心地よい。深くゆるやかな呼吸に合わせてポーズを取っていくと、心身ともに非常にリラックスしてきます。最初のうちは、正しいポーズを早く習得したいとつい力みがちになり「はい、肩の力を抜いて」とアドバイスいただくこともしばしばでしたが、自然とうまく力も抜けるようになってきました。

 

ゆったりとした動きなのに身体の芯から温まり、真冬でも汗が出てきます。その量は、レッスンも半ばを過ぎるとポタポタと音を立てて落ちるほど。最初は驚きましたが、不思議と爽快です。夏場にかくジワジワとした汗は不快ですが、流れ落ちる汗は心地よいんですね。大きな声や涙など、身体から出すとちょっとスッキリする。大量の汗にもそんな効果があるような気がします。

 

心拍数が上がらないので運動強度もさして高くないと思うのですが、4ヶ月が経とうとするころに、立ち姿が少し変わってきているのに気づきました。始めたころに「どんどん身体が変わってくるよ」と、インストラクターの方がおっしゃっていたのはこういうことかと実感。

 

大量の汗はかくものの、脂肪が燃えてるわけではないので、痩せないのはサウナと同じ(笑)。それでも、またこれからどう変わっていくか楽しみにしつつ、インストラクターの方のような、しなやかな身体を目指したいと思います。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.