監査業務担当の清岡です。

「新しいことにチャレンジがしたい」

そんな思いから、神戸マラソンに申込みをしたのが5月でした。ただし、毎年の倍率が3.7倍なので「どうせ受からないよね」なんて軽い気持ちの応募でしたが、6月中旬にめでたく「当選」の連絡を受けました。

受かってしまったからには、何としても完走したいのが人情です。

さらに当日まではまだ5カ月近くもあり、練習をするにも十分な時間があります。何事もしっかり計画を立てれば、必ず結果につながる。

-------------

と、ここまでが走る前に書こうと思っていたブログの内容です。

そして実際に走った後の感想は、「みんなに感謝」の思いのみです。もちろん努力は報われますし、計画は必要です。
 
しかし、今回初めてマラソンにチャレンジした私が感じたことは、普段の練習の積み重ねの結果というよりは、それ以上に、沿道からの声援に後押しされたお陰で42.195kmを完走することが出来た。これが率直な気持ちです。
 
途中で何度か辛くて諦めそうなった時にも、周りからの応援に力を頂きました。決して自分一人の力だけではゴール出来なかったと思います。
 

「応援には力がある」

今回改めて実感しました。人は誰かに応援されると普段以上の力を発揮します。「私も何かに頑張っている人は応援しよう」と改めて感じました。
 
また、マラソンは単に辛いものだけではありません。
今回参加して分かったこと。普段では見ることの出来ない風景を見たり、また通常では走れない車道を走ることは、とても気持ちが良いものでした。
 
余裕のある前半は、その風景を楽しみながらマラソンをしていました。
これは、とても贅沢な体験だと思います。
 
今回、心に残った一場面は、残り9kmの辛い時にふと沿道で見た『ここで諦めて完敗するなら、もう少し頑張ってビールで乾杯』の応援看板です。「確かにここでは諦めたらダメだ」と、もう一度重い足を一歩、さらに一歩と前に進むことができ、ゴールの後にビールで美味しく乾杯しました。
 
途中、足の痛みで止まってしまった時にコールドスプレーを貸してくれた方、チョコや飴を差し出してくれた方、「ガンバレー」と絶えず応援してくれた方、そしてボランティアのみなさんに本当に感謝です。
 
来年も必ず応募します!!

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.