監査業務担当の永野です。

前々回、このコーナーで睡眠を記録できるアプリをご紹介しました。眠りの浅いタイミングでアラームを鳴らしてくれるとか、睡眠の質を管理できるというものでした。その後、この手のアプリが出たと知ると、どんなものか気になりレビューを読んだり、お試しできるものは試してみたりしております。今回は、つい最近、自分史上一番の食いつきの良かったアプリのご紹介です!
 
それが『睡眠アラームアプリSomnus』というアプリです。
名前のとおりアラームアプリなので、目覚めやすいタイミングでアラームを鳴らしてくれる、という基本的な機能はもちろん、睡眠の質を計測できたり、50曲以上の癒し・快眠音楽が聞き放題だったりの機能は付いています。その上、無料というのも魅力です。
 
が、私が食いついたのは、その辺りではなく、睡眠負債が可視化されるというところ!
何となく睡眠不足だろうな、と感覚的だったものが、“あなたはこれだけ睡眠不足ですよ!”って言われるのは画期的だと感じてしまいました。
そんなわけで3月末より早速使ってみました。
ちなみにこの写真は、「-3h41m」なんて数字が出てしまっていますが、7時間設定でこのマイナスだと睡眠3時間29分、でも達成度は61%・・・
どのように理解すればよいのか?ただ諸設定もせず、使ってみた結果なので気にせずに進めました。
 
平日はほぼ夜更かし、週末は幾分たっぷり寝ている生活なのは自覚済みですが、このように数値でわかると、より反省(?)している今日この頃です。
そしてこの背景のエンジ色は、睡眠負債が増減によって色の濃淡がでるようです。ちなみに右が目標睡眠時間を変更してみた記録です。赤みが増していますよね!?そりゃ目標達成度が95%にもなれば、かなり睡眠負債も解消されていることでしょう。
 
またアメリカで睡眠と血糖値の関係を調べた実験結果なるものが発表されて、睡眠が短いと体重が増える?なんて衝撃的な内容もあったそうです。簡単に言うと長時間起きていることによって、カロリーも消費しますし、それだけ食べてしまうという事らしいです。これが本当ならば、かなり怖い内容だと感じてしまいました。
みなさんもたまには睡眠負債を数値化して自覚してみては、いかがですか?

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.