238tenshin_s.jpg かなり昔からやっているTVコマーシャルで,”食は王将にあり!卵一日20万個、豚肉一日12トン、食は万里を超える、餃子一日100万個、餃子の王将 “という頭にこびりついたセリフですが、もう何回聞いたと言うより、すり込み状態!それでかどうか?久しぶりに”餃子の王将”へ行って来ました。餃子っていうのはなぜか偶に食べたくなってしまう不思議な食べ物。そう感じているのは私だけでしょうか?それもなぜか王将の餃子が食べたくなります。

 6時ぐらいに行くとすでにお客さんが何名か並んでおります。この新型インフルエンザも諸共せず、他の飲食店はその影響をもろに受け並ぶどころか、満席にもならない状況なのに、なぜか”餃子の王将”は満席です。

 店内はお客さんでいっぱいと言うのもあり、フロアー係りの人が餃子の注文を厨房へ伝えるのにマイクで”コーネルリャンガ~!”とか”・・イーガ~!”とか叫びます。いやでも、あ!また餃子が2人前注文入った!とか、自分の注文と違うのですがそのマイクから流れるオーダーについつい反応してしまうのは、私だけでしょうか??ついつい自分の注文した餃子の数がちょっと少なかったのでは??とか、これでいいのだ!とか、自分の注文したものが来るまでそんな事ばかり考えてしまいます。

 ”餃子の王将”の特徴は、旨い!かどうかは個人的な判断に任せますが、安い!そして早い!。餃子6ヶ1人前210円(税込)はかなりの安さ。そしていつも私が好んで食べる”天津飯”は399円(税込)と、殆どのメニューが税抜きで500円までで、ボリュームもすごいですね。この安さで、儲かるの?っていう素人的な発想から、業績を見てみました。

 第35期 平成21年3月決算 
 売上高    営業利益  営業利益率 経常利益  経常利益率 
 54,986百万円 6,088百万円 16.2%  6,190百万円  17.9%

 かなりの好業績です。今期の上場3月決算法人があのトヨタを筆頭にかなりの件数が赤字、にも関らず増収増益で今期経常利益率17.9%をたたき出せるローコストオペレーション。これからは、これでないとあきませんね。

 やはり企業は、外部環境の影響は多かれ少なかれ、ここ最近のように連続して起る大型の外部環境変化の影響はあるのでしょうが、やはりそれでもきっちり利益を計上できるという企業体質はこの時期特に研究してみる必要があるのではないでしょうか。

 一度 決算短信の内容を見てください。色々とヒントがあるかもしれません!

 株式会社 王将フードサービス
 URL http://www.ohsho.co.jp

                   やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.