今日は平成13年度分の高額納税者番付が発表される日でした。我々にはまだあまり関係無い感じですが、毎年関係がある人が常連で載っています。ここ7年ぐらいは常に日本全国の総合ランキングで10位以内で昨年9位と言う以外は、すべて6位以内。この辺になると、1つのランクが相当な違いですね。それで今年は6位でした。それに通算納税額合計は、1位が大正製薬の会長で今は故人ですが140億で、2位がこの人で124億です。今年の納税額を加えると137億で、大正製薬の会長はもうこの世にいませんので、時間の問題で1位になります。後5億円も納税すると、1位ですね。その人の名は???(何時のパーティーで登場するときのテーマソングでいくと)”あれは~誰だ誰だ誰だ、あれは~デビル、デビル、デビルマ~ン、デビルマ~ン!!”銀座日本漢方研究所、従業員斉藤一人氏です。

 ちょっとした事から、この人と知り合いになり、その下でやっておられる社長さん達の顧問をさせてもらってる関係で、斉藤氏とも直に話す機会が結構あります。話すと非常に面白いし、的を得ています。まず最初に会ったときに言っていたことで、今になって感動することは、”私は不動産とか有価証券は全く買いません。そんなものには全く興味ありません。”つまり、事業で儲けてもその儲けたお金を何か他のものに投資するという事はしない。お金で持っとけばええんじゃないですか、という事。これは、今になってよく考えるとすごいことを、言っていたんだなぁ、と感じます。世界的に今の経営の主流は、キャッシュをいかに企業内部に貯めこむかという事なんですね。それをほんと以前からやっていた。先見のメイ(漢字がわからへん、教えて)があるというか、知っていると言うか、面白いですね。

 それから、二つ目の感動したことは、納税をたくさんする。何の為にそうするのですか?と聞くと、やはり企業は何のためにやっているのかというと、社会貢献をいかにできるか?という事になるんですね。社会貢献と言うのは、ボランティアであるとか、寄付であるとかが一般的のように見えるんですが、実は一番手っ取り早いのは納税。納税することによって、(タックスイーターがいるという事はこの際考えず)絶対社会貢献してますよね。しかし、これも今になって、経営学者の最高峰ピータードラッカーが「チェンジリーダーの条件」で言っていることですね。”企業の究極の目的は社会貢献をいかにしていくか”それが企業としての目的です。それを、斉藤氏は早々言ってたことです。

 この二つ以外にも色んな事言ってますが、本当に先を見越した考え方で、企業をやっていく事が、これだけの偉業を成し遂げている原因なんでしょう。一生に一度とか二度、高額納税者番付の上位に載るという事は可能なんでしょうが、毎年やり続けるという事に、すごいものを感じます。やはり、やり方ではなく、考え方なんですね。

 とにかく、斉藤一人さん、おめでとうございます。(この掲示板は見てないでしょうが)   

               やこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.