bisa.jpg 日本漢方研究所の斉藤一人氏の本で「微差力」というのを読みました。その中に書いてある事は、”商売でも何でも、人生、微差の積み重ねです。”その通りやな~!オリンピックのスピードを競う競技なんていうのはまさにその典型です。0.01秒差で金メダルと銀メダルを分け、0.01秒記録を縮めるために血のでる練習を日々繰り返しながら、追求していく。そういう練習を積み重ねているアスリートが世界中から厳選され、その中で微差で金メダルや世界新記録というものが出るんですね。

 この微差が大差になっていく。一人さんの言葉を借りると「微差が大差を生むのです」経営も同じ事が言えます。会社経営がうまくいかない時によく見られる傾向に、一発逆転満塁ホームランばかりを狙った戦略ばかりを連発。しかし、結果は三振の山。ほとほと疲れて市場から退散、なんていうのはよくあります。

 こういう時期だからこそ特に微差にこだわる。売上も徹底的に分析し磨きをかけ、仕入れも徹底的にこだわり磨きをかける。人も金も物もとことん磨きをかけ、微差にこだわり微差を積み上げ大差にする。お店が流行ってくるとやはり広げようとしてしまいます。この微差力からもいえることは、広げるのではなく、充実させる。色々な考え方はあるのでしょうが、少し小金を持つと大きな事ばかり考えてしまう。これもぶ~!!かもしれません。

 とにかく微差力を徹底的に追求する戦略。今居る世界の中でちょっとだけ抜き出る。そうすると世界が変わり、またその中で微差で抜き出る。それをとにかく繰り返し追求していく。かなり刺激的で具体的戦略が見えてくるかもしれません。これはやり得ですよ!

             やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.