2002.5.17

カテゴリー 経営

 長いこと私の主たる職業である税理士の証とも言うべき、税理士バッチを付けた事が無かったのではありますが、この間どうしても付けて出ないといけない所に行く羽目になり、家中探し回って久々に付けて外出しました。その時別にバッチなんかどうでもいいよねぁ、なんて矢子事務所のM氏に言ったら、私はそれをもらう為に必至で勉強してるんです!!と言われました。それもその通りで、今日は元気に付けていこうと、バッチ付けてその予定に向かいました。

 よく電車なんかに乗ると、同じバッチを付けて歩いておられる、年配の税理士さんを見かけます。そして、そのバッチの光具合を見ながら、まだ登録したばっかりとか分かるんですね。それに、見かけるバッチは新品のやつが多いんです。くすんだバッチはあまり見かけません。くすんだバッチの税理士は電車とかに乗らないのか、それとも付けてないのか。

 私も昔は付けて仕事していた時期もあったんですが、ある日飲みすぎてバッチの裏側の留め金を無くしてしまい、そのまま付けなくなってしまいました。本当は税理士としての仕事中はバッチつけて仕事しないといけないのですが、まあええわと言う感じで、つけないで仕事することに慣れてしまったようです。付けないでも付けても仕事は同じ、と思っていたんです。しかし、付けて仕事をやってみると、ちょっと新鮮な感じがよみがえり、税理士になったいやいや税理士の仕事ととして、きっちりやろうという、変な観念からくる感情がわきあがってきて、歩き方まで変わったような感じがしたのは確かです。バッチ一つで気持ちがとても変わり、行動が変わる。不思議な気がします。多分会社のバッチとかも付けると同じ気分にさせるのだと思います。

 昔私の師匠から言われたのは、肩書きが邪魔になる時期が来る。と言われた事があります。最近はそう云う時も時々あるのですが、しかし、バッチを付けて歩き方が変るという自分の行動心理を見て、やはりまだまだ修行が足りていなぁ~、と。早く肩書きが邪魔になって、税理士会を卒業する時期が非常に待ち遠しくなりました。

                     やこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.