今日はマネージメントゲーム通称MG研修を当事務所で行いました。メンバーはU会計事務所の3名と、産業創造館の2名の診断士、それに我々3名でした。久しぶりにやってみて、やっぱり恐るべしMGと言う感じでした。このゲームの勝者とは、自己資本が一番大きくなった人が、優勝です。通常の企業経営の勝者と同じです。売上がやたらと大きくなっても、莫大な固定費に食われてしまっては、何をやっている事かわかりません。雇用機会を増大させた?という事もいえるのでしょうが、長続きしないのでは、何もなりません。

 自己資本はどうしたら増大するのでしょうか?これには大きく分けて二つしかありません。

   1.利益を出す。

   2.増資する。

 これしか、ないんですね。  しかし、MGはやっぱり、その人の性格、仕事にたいする取り組み方がもろに出てしまうんですね。結局はMGとは何か?というと、哲学になってしまう。研修のための道具のはずが、その道具にはまってしまう。そんな人が何人もいるという事を聞きました。しかし、やってみるとその気持ちはわかるような気がします。  MGはこれからファームの研修商品として、定期的にやっていきたいと考えております。顧問先の企業研修等にぴったりですので、その前に一度体験してみて下さい。パンフレットを作成しましたので、一度ご覧下さい。

                  やこ 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.