2002.5.26

カテゴリー 経営

 今日は昼間ピーカンやったのに、夜になって台風のような天気に一時なりました。大雨と雷がすごかったですね。私は雷がとても好きで、雷がなり始めると居ても立ってもいられないぐらい、そわそわしてしまいます。何故かというと端的に表現すると、本能的に体が欲しているんでしょうね。そんな気持ちになるのは私だけなんでしょうか?よく聞くのは、きゃ~怖い、とか、落ちたらどうすんの?また、映画とかドラマでとても怖いシーンとかに、よく雷が鳴って豪雨が降っているというシュチュエーションを観ます。なんか雷というのはそういう風なイメージがあるんでしょうね。

 なぜ雷が好きかという理由が自分でも分かったのは、つい最近です。それまでは、なんかウキウキし、雷が鳴り始めると一緒に居た人はとにかく逃げ惑う中、私だけ外に雷を感じに行ってしまう。その理由はちゃんとあったんです。私はそれを聞いた時には、私は間違っていなかった、と思いました。何故かというと、雷が鳴った時は、大量のマイナスイオンを放射するみたいなんですね。そのマイナスイオンが降り注ぐのを体に浴びると、いっぺんに体の中に還元が起こるというものです。ちょっと話はややこしくなるんですが、以前の0016話で書きましたが、とにかく体の中のマイナスイオンが不足して体調不良とか、けだるさとかを訴えるのですが、そういう症状を緩和するのに最適な植物は虎の尾がいいですよ、という事を書きました。虎の尾が大量にマイナスイオンを出すという事なんですが、普段はそれでいいですね。しかし、雷が鳴った時に降り注ぐマイナスイオンというものの量はそんな半端なもんじゃないという事です。マイナスイオンのチャンピオンも参ったするぐらいの量を、一挙に放射するんですね。だから、正解はきゃ~怖いではなく、う~ん気持いい、なんですね。それに、逃げろ~、ではなく、見に行こ~、が正解。とにかく、雷が鳴ると気持のいいエネルギーを放射してくれるんですね。それにやっぱり肖らない手はないですね。

 しかし、何ぼ良いからと言って、体に雷さんが落ちてくる一歩手前ぐらいまでにして下さい。体に落ちてしまうと、ご存知の通り死んでしまいますから。はい

              やこやこ  

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.