usi 今から13年前、2002年4月14日から「つぶやき」を書き始めました。今回の2015年4月15日でちょうど14年目に突入。第0001話は「何事も心に2枚抜き」という題で始まりましたが、今回は377話目です。1000話を目指して書き続けているのですが、後、1000話までには623話。まだ道半ばというところですね。最近は年に24話書きますので、26年後には完了・・・・・。83歳まで書くのでしょうか・・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

私の座右の銘とまでではないのですが、好きな言葉に「商いは牛の涎(よだれ)」と「継続は力susiroなり」っていうのがあります。「商いは牛の涎(よだれ)」とは、商売をするには、せっかちであってはならず、牛のよだれが切れ目なく長く垂れるように、気長に辛抱強く続けるべきであるということ。そして、「継続は力なり」というのは、何事においても継続することは大変な努力が必要であり、地道な努力を続けていけば、やがて積み重ねが力となっていくという事です。

NEC_0320 どちらの諺も「気長に継続し続ける事が大事ですよ」という意味なのですが、何が良いのかと私なりに解釈していることは、ダラダラとやり続けるためのプロセスを維持するだけでも、色々な事をやらずには続けられないという事ですかね。少し禅問答のようになってしまいましたが、止めるのが必要な事も多々あるのかもしれませんが、物事簡単に結論が出る事の方が少ないと思いますし、いい時もあれば悪い時もある。商売も最初から上手くいく場合もあるのかもしれませんが、立ち上げから数年かかってやっと儲けが出るという事もあります。

しかし、儲からない商売を儲けられる商売に持って行くには、大変で地道な努力が必要で、その道半ばでこmatusitaと切れてしまうっていうのは、少し残念な事でもあったりします。なので、自分が向かう方向にしっかり向かい続ける力! 松下幸之助さんがおっしゃっているように「成功の秘訣は、成功するまでやり続ける」牛のヨダレのように、成功するまで継続してやるという努力は、やはり成功するためには必要ですね。

チャンスがいつやってくるかは分かりませんが、チャンスをきっちり享受出来るまで継続できるよう、頑張ってまいりましょう(^。^)

【0001話】何時も心に2枚抜き https://fc-partners.net/?p=884 2002/04/14

やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.