seiko 「成功者しか成功しない」って、鶏が先なのか卵が先なのか?みたいな、今回は少し循環したような内容です。最近お客さんと話をしている時に、話の内容から、昔 私の師匠から言われた言葉をふと思い出しました。”世の中の人で成功していると思っている人は、何事にもいつも成功しているのです。成功していない人は、死ぬまで成功しません”っていう話です。

 

そのお客さんの相談内容は、「何をやっても成功しないのです」っていう話から始まりました。つまり、失敗の連続の話です。それで「今後やる事も多分失敗すると思うので、どのようにすると成功しますか?」という相談です。その失敗の話を聞いていると、私もとてもネガティヴになるぐらい不幸なのですが、よくよく聞いていると、120%失敗しているのではなく、私から見ても半分ぐらいは、”上手く行ってますやん”と思える内容もあるのです。でも、本人はそれを成功とはみていないのです。

 

つまり、それはそれ。しかし、結果は失敗。それで、質問してみました。

私 :生まれてからこれまでに成功したと思える事は無いですか?
社長:ん~~?? 思い出せません!上手くできたね!と言われたこともありません。

 

 そもそも、成功感というのは何なのか?とても哲学的?心理学的?なような感じなのですが、成功したという感覚は自分が決める事で、普通の成功、はたまた大成功、この社長は自分に厳しいのか、テレビの成功者お宅訪問を観すぎなのか、それと比べて成功を測っているような感じです。つまり、成功感って自分の感覚なので、よく分かる例として、ボーリングでストライクが取れず、1本残った時に、成功したのか?それとも失敗したのか?で、どちらの感覚を得るかだけの事のように思います。

 

常に失敗している人は、その残った1本を見て、失敗と思い、次はストライク取るぞ~!なんて思い、次1pponnの球でストライクなのに、次もストライクを取らないと失敗。そうやって、常に成功感を感じず、次のストライクを目指します。成長しようというモティベーションには抜群なのでしょうが、永遠に成功しません。成功している人は、倒れた9本に喜びを感じ、次がストライクだと、大成功。ただそれだけで、”成功者しか成功しない”って小さな成功を確実に成功と感じ、それを繰り返していると、大きな成功がやってくる。そんな感じなのですね。

 

その社長の相談に対する答えは、”小さな成功を探してみて下さい。上手くいかない事は、その改善策を・・・。成功者しか成功しませんので。それから始めましょう。例えば、決まった時間に、決めている場所に到着!これは成功だ~!って、この小さな成功が、大きな成功につながっていく。これ、宇宙の法則”、”失敗は成功の基・・・、ではなく、小さな失敗は、大失敗の基(ほったらかしにするとですが)”

 

少し、話が怪しくなってきましたので、今回はこのへんで<(_ _)>

 

やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.