監査業務担当の金森です。

少し前まで連日のようにスマホ決済サービスについて、テレビ等で盛んに報道されていました。大規模な還元キャンペーンのせいか、大きな盛り上がりを見せていたようですが、今後間違いなく現金決済から電子決済へ変わろうとする様子が伺えます。
 
そんな中、顔認証システムによる実証実験が次々と開始されているようで、情報番組などで紹介されているのをよく目にします。これまでは、どちらかといえばセキュリティ対策の方法として顔認証システムを利用するイメージでしたが、今後は買い物や食事などでの利用を可能にしようとする実験で、実用化に向けて動いているようです。2020年に開催される東京オリンピックでも、大規模な顔認証システムによる本人認証の導入が検討されています。
 
セキュリティだけではなく、マーケティングなどの分野でも注目が集まっているようですね。事前に顔とクレジットカードなどの情報を登録すれば、顔情報がIDになり、サービスが利用できるようになります。
 
現在のところ実験が予定または開始されているのは、一部の空港やホテル、医療機関などで、各施設にはカメラや専用端末を設置します。アマゾン・ゴーなどの無人店舗のように専用のアプリを使えば、スマホ決済もできそうです。
 
たとえばホテルなどでは、客室キーの代わりに顔認証システムを使用したり、ホテル内でのレストランやその他施設でも顔認証だけで支払いが完了する仕組みです。
 
このように限られた施設の中だけでの利用を想定した場合、かなり便利な仕組みといえるのではないでしょうか。最近は、コンサート会場でもこの顔認証システムが導入されていることもあります。当然誤認証の問題や個人情報の取り扱いといった今後さらに検討が必要な点もあるかと思いますが、この実証実験によりさらに改良され実用化されることを期待したいですね。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.