最近?どの辺りからかは不明確ですが、特に興味のあるのはお金のニュースです。それで今回のびっくりお金ニュースは、
『アリババ「独身の日」 取扱高4兆1000億円で最高に』(日本経済新聞)
 
一日の商いが4兆円!!! 業界第二位のJDドットコムも3兆超えという想像を絶する売上高です。因みに日本のイオンの売上高が8.5兆円、セブン&アイホールディングスが6.7兆円で、これは年間売上なのです。それだけの受注できるシステムが作れ、それを配送できる仕組みを考えたという事なのでしょう。しかしそれがどうしたのか?金額の桁が○○兆円。それも国レベルの話ではなく、一企業であったり、個人であったりの金額が、ついにこの桁になっているという事なのです。
 
他にも、企業レベルの数値で○○兆円とか○○兆ドルとか、天文学的数値のように思える数値でにぎわっている値に、企業の時価総額というのがあります。そのランキングを並べてみると

1位(米)アップル       1兆1870億ドル
2位(米)マイクロソフト    1兆1540億ドル
3位(米)アマゾン・ドット・コム  8920億ドル
4位(中)アリババ・グループ    5340億ドル
5位(米)フェイスブック      4850億ドル



37位(日)トヨタ自動車      1980億ドル

 
同じように国の時価総額を見てみると
1位 アメリカ  26兆3000億ドル
2位 日本     3兆9000億ドル
3位 英国     2兆4000億ドル
4位 中国     1兆8000億ドル
5位 フランス   1兆6000億ドル

(ドルで表していますので、1ドルの為替レートで円換算してみてください。例えば、$1⇒¥109としたら、アップルは129兆3830億円也)
 
企業の時価総額の算出の仕方と、国の時価総額の算出の違いはあるのですが、しかし、それぞれがどれぐらいの価値なのかを比較するうえでは、興味本位での無理やり比較値として見てもらって、規模感を感じてもらうには適当な数字かなと思い、列挙してみました。それから、単純に時価総額規模だけで見ていくと、アップル社とマイクロソフト社が合併でもしたら、英国を上回る規模の企業になってしまい、そこに、アマゾン・ドット・コム社が合併でもしようものなら、日本の時価総額を上回ってしまう!!ぐらいの価値の企業に育ってしまったという事なんですね。
 
企業で稼いだ個人の資産総額ランキングは、

1位 ジェフ・ベソス(Amazon最高責任者)   1310億ドル(14兆4100億円)
2位 ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)    965億ドル(10兆6150億円)
3位 ウォーレン・バフェット(バークシャーハサウェィCEO) 825億ドル( 9兆 750億円)
4位 ベルナール・アルノー&ファミリー(LV CEO)760億ドル( 8兆3600億円)
5位 カルロス・スリム・ヘル&ファミリー(通信) 640億ドル( 7兆 400億円)
(フォーブス2019年世界長者番付より)

 
一個人が兆単位の資産を保有しているという結果になってきています。
 
他にも企業レベルで、兆円、兆ドル単位の指数は色々と出てくるのですが、それだけ世界中にお金がまん延してきているという事なのでしょうが、ある意味マネーゲームがどんどん進んでしまい、世界中の大量に作り出された富は、一部の、それも数えることができる人数で所有されており、個人が運営する企業体が国家レベルの金額を動かしながら、より富の寡占状態が加速するという現状はどうなっていくのでしょう??
 
まあしかし、偶然に寡占できるレベルになったわけでもなく、色々戦略を考え勝ち進んで来た結果なので、まだまだ戦略次第では、このグループに入れる可能性はあるのでしょう。頑張ってまいりましょう(^^)/
 
企業時価総額 ⇒ YAHOOファイナンス参照

やこやこ

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.