監査業務担当の清岡です。
ここに二つの会社あります。

A社 借入金 0円 現預金 100万円
B社 借入金 1憶円 現預金 1憶100万円

どちらの会社が健全でしょうか?
 

このように聞かれると、人によりいろいろな回答があると思います。
『やはり借入金は無いA社が良いよね』
『B社は借入金が多いよね』
『現預金は多い方が良いよね』
等々といろいろな意見があるでしょう。
 

前提を少し追加します。
例えば、両社の年間売上が1,000万円の会社ならばどうでしょうか。この場合に経営分析の観点から見るとB社はよくない会社となります。
では、質問を変えてみます。
 

潰れにくい会社はどちらでしょうか?

A社 借入金 0円 現預金 100万円

B社 借入金 1憶円 現預金 1憶100万円

この場合は、現預金が多いB社の方が潰れにくい会社となります。すぐに使える手元の現預金が多い方が良いとなります。
 

まさに、今回のコロナのような影響で売上が大幅に減少または全く無くなった場合には、当面の現状を乗り切るくらいの現預金がある方が潰れにくい会社となります。
 

借入金は、よくないとの考えもありますが時と場合により柔軟に考える必要があります。
決して借金をしなさいと言っているわけではありません。
 

いま自社に必要な資金を将来の予測も含めて算段する事により、突然の危機も乗り切ることが可能となります。この時期に自社にとって必要な現預金(資金)が、分からない場合や融資についての疑問がある場合には、弊社の担当者に相談いただければと思います。一緒に解決のお手伝いをさせていただきます。
また、借入金は決してタダで貰ったお金ではありませんので、将来に返済する必要があることも忘れていけません。
 

このような時期だからこそ、共に助け合って一緒に乗り越えていきましょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.