監査業務担当の金森です。
企業にとって売掛金の回収は大きな課題ですが、その解決策の一つとしてファクタリングサービスが注目されています。売掛金の未回収リスクを軽減し、売掛債権を譲渡することで資金調達ができるのがファクタリングサービスです。
 

「買取ファクタリング」

企業が少しでも早く売掛金を現金化したい場合、「買取ファクタリング」と呼ばれるサービスがあります。ファクタリングサービス会社に売掛債権を売却することにより、手数料が差し引かれた金額を受け取ることができます。こうした買取ファクタリングには2種類の方法があります。



 

一つは、ファクタリングを利用する企業、サービス会社の<2社間>で行う方法で、売掛先に売掛債権の売却を知らせずに利用できます。サービス提供会社に支払う手数料は高くなりますが、取引先との関係に悪影響を与えないのがメリットになります。先にファクタリングサービス会社より資金を受け取り、後日売掛先から売掛金の入金があった際にサービス会社へ支払うという仕組みです。
 
一方、ファクタリングを利用する企業、サービス会社、売掛先の企業<3社間>の合意のもとで行われる方法があります。この方法においては、手数料が安くなるかわりに売掛先からサービス会社へ直接支払われる仕組みになっているので、取引先に対して資金繰りに困っているような印象を与えかねません。
 
買取型のファクタリングを利用できるのは、取引先との取引契約書で債権譲渡を禁止する事項が記載されていないことが重要です。支払う手数料なども融資の場合の金利等と比較してみることも必要かもしれません。

 

「信用保証ファクタリング」

また、「保証型」と呼ばれる資金調達を目的としないタイプのものもあります。信用力について不安がある相手先との取引などで、売掛債権の貸し倒れリスクを回避するのが目的で、相手先の倒産などで売掛金の回収ができなくなった場合には、保証会社が保証金を支払ってくれる、保険のようなサービスです。
 
取引先に対して、サービス提供会社が行う信用調査により保証の枠を決定し、その枠内で売掛債権の保証をしてくれる仕組みです。ただし、サービス提供会社が売掛金の回収が不能であると判断しないかぎり、保証金が支払われないことがあるため、実際に現金を手にするまでに時間がかかる点に注意が必要です。ファクタリング会社によっては、支払遅延で保証金が受け取れる契約もあるので、利用する場合は必ず比較してみましょう。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.