みなさま、こんにちは 税理士の光島です。

「中小法人・個人事業者のための一時支援金」の必須項目である、事前確認業務を始めました。

 
関西では、新型コロナウィルスの感染が拡大しています。(令和3年4/20執筆時点)
影響を大きく受ける飲食業界は、経営や運営が困難な状況になりました。新型コロナウィルスは、飛沫感染が感染拡大の一因とされ、集団での会食が大きく制限されてしまいました。時短営業による売上の減少幅は甚大で、コロナが原因とされる倒産が東京だけで300件を超えたというニュースもありました。
 
休業要請支援金など、緊急の資金対策の支援金が支給されています。しかし、この支援金はあくまでも飲食店(お店)を中心とした支援であり、飲食店に商品やサービスを提供している周辺の業界の事業者に対する支援は手薄になっていました。
 
飲食店が時短営業や休業すれば、飲食料や消耗品を納入する業者もまた多大な影響を受けます。この周辺の業界を支援するのが、「中小法人・個人事業者のための一時支援金」です。中小企業庁の緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金事務事業となっています。
 
ちなみに休業支援金等を受けている事業者は、対象になりません
 
今回の支援金も、申請はネットを通してできるのですが、事業実態を担保するための「確認作業」が必要になっています。これは、不正請求を防ぐためです。
 
この「確認作業」に関しては、登録された認定支援機関等がその業務を請け負います。
申請に関しては、サイトの手順通りに進めていただければ難しくはありません。
https://ichijishienkin.go.jp/

STEP1 アカウントの申請・登録
STEP2 必要書類の準備
STEP3 登録確認機関の検索及び事前予約
STEP4 事前確認の実施 → ここを弊社が代行いたします
STEP5 申請

 
<確認に必要なもの>

こちらで確認お願いいたします。
https://ichijishienkin.go.jp/assets/files/leaflet_20210312.pdf

 
上記の必要書類を弊所までご持参いただき、すべての書類がそろった時点で、確認作業を実施、完了させます。所要時間は1時間程度です。(有料です)
 
神戸市周辺の事業者様で「事前確認」が必要な方がおられましたら、ぜひ弊社までご連絡いただければと思います。

では!

 * この記事は < 税理士法人FCパートナーズ > が作成しました。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.