今日はD社社長のR氏が来所されました。仕事の相談で来られたのですが、その前ぶりで京都の身体障害者の学校での話をされてました。内容は、骨が解けるという難病と戦っている人たちが入っている学校で、歌ったと言う話です。この方は元々テノール歌手で、色々な有名なステージで歌われている方で、何度も私は聞いていますが、目の前でオーソレミーヨとかを聞くとちょっとちびりますね。なんとも言えないパワーがあります。私のカラオケとちょっと違う。大きく違う、いやいや全然違う(T_T)

 それでそこの学校で、”赤とんぼ”他二曲を歌ったそうです。そうしたらそこの生徒さんたちは涙を流しながら感動され、もっと強く生きて行こうという気持ちになったというコメントをもらったそうです。そしておまけに、それを見た有名M社の社長はR氏の為に1億5千万円ほどの権利を自由に使ってください、という提供があったそうです。  やはり感動を与える仕事とはそういう仕事なんでしょうね。
(ええと、一曲5千万円???)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.