今日は滝のカントリー八千代コースのクラブマスター室長とゴルフをご一緒させていただきながら、色々とゴルフ業界の話を聞かせてもらいました。ご多分に漏れずゴルフ業界は皆さんもご存知のとおり、大変な事が起こっております。大きく分けて、ゴルフ場自体が預託金変換の問題で、存続事態危機にさらされていると言う状況と、お客さんがこの不況で激減しており、ゴルフ場同士の価格競争の激化で売上自体も激減し、非常に営業戦略の転換が必須になっているという事です。

 以前名門と言われていたゴルフ場はそこのメンバーさんの紹介でないとエントリーできない、というのが常識であったものが、メンバー抜きのエントリーでもどうぞ、という何とも言えない状況のようです。という事は、メンバーとしての有利性は何か?という事になり、さっきの会員権の問題が絡んできてしまします。それにより、会員権の相場はがた落ちになり、二束三文の紙くずのような会員権になって、また安定した顧客確保が難しくなってしまう。当面はこのサイクルを繰り返すんでしょうね。

 会員権相場とプレーフィの下落という、二重のデフレスパイラルを抱えたこの業界、”このあと、ど~なってしまうのか!!!”(がちんこ風)って感じです。しかし、ゴルフ場がこの世の中から一軒もなくなってしまうという事は考えられないのですが、やはり生き残るためには、徹底的なサービスの内容とは何かという事を、とことん議論し考えて実践し、そのサービスが受け入れられたゴルフ場が生き残るんでしょうね。

 まあ、ゴルフ場に限らず、どの産業も少なくとも同じ事がいえます。どんなサービスが顧客にとって一番必要なのか、とことんやってみたいもんです。

                  やこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.