私のよく見るビデオで、ミナミの帝王というのがあります。それは、大阪ミナミの街金の物語で、高利の金貸しの物語です。そこでよく出る台詞で、”借りた金は返す、こんなん小学校の子でも知っとるわぁ!!”とすごむ台詞が何とも心地よく見てるんですが、最近街金ではありませんが、銀行相手によく借りた金が返されへん、という事になってお客さんが、すったかもんだしてます。

 先週顧問先からファックスが来て、お金を借りてるところから1ケ月以内に、返済が滞っている額の支払いがないと担保物権を競売します、という内容証明文が届いたという事で連絡があり早速今日は弁護士の先生とそこに行って、打ち合わせをしました。昼間は以前からやっているある顧問先の債務整理の件でそこの会社で弁護士を交えて打ち合わせ。この顧問先二件とも非常に債務の返済額であるとか、金利の支払い、担保権の行使というところで最後の最後まで迷っていたようです。通常の形で解決できれば・・・、という甘い期待で意思決定がどんどん遅れてしまうんですね。これが最終意思決定のぎりぎりのラインかも知れません。それまでは夜も眠れない、そりゃそうですね。今まで築いてきた財産や信用がガタガタと音を立てて崩れていく気がするんですから。

 その時期も過ぎどんどん意思決定が遅れていき、状況が悪くなると本当に何もなくなってしまう確立が高くなる。しかし、通常の返済が無理してでも可能の時は、そんな事はしないでも返済できる。貸倒れの発生等によっての資金繰りの悪化であるとかであれば、一挙に通常から非通常になる事はあるのですが、一般的には、通常から、非通常に変わる時の見極めは本当に難しいと思います。何だカンダと言っても、ジワジワ資金繰りが悪くなっていき、ちょっと無理をしながらとか、また違う所から資金調達しながら返済していく。だから、その見極めというか決断は非常に難しいんですね。それを続けてある時、自分では解決できない事に気が付く。そういうパターンが多いようです。

 見極めができ決断した時から、弁護士の領域ですね。数字的なシュミレーションは必要ではありますが、やはり銀行の状況を見据えながらの色々な戦略はボクシングのパンチ見たいなものですね。ボディブローがあると思えば、カウンターパンチを繰り出す。相手が打って来たらガードを固める。そのときにあったパンチを手際よく打つ。どちらかが、スタミナを消耗してしまい、ガードが甘くなったところに手際よくカウンターパンチで決まり。債権者の方とのやり取りを見ていると、そんな感じで見えてきます。

 しかし、そういうのを見ていると、まずは的確な見極めがまずは有利に事を進める鍵になるのは間違いないようです。見極めたら、やはりその道の専門家である弁護士に依頼する。弁護士報酬は必要ではありますが、本業に没頭できる環境に早くするほうが、より早く健全な事業に戻るためにはいいのかも知れません。

                  やこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.