2011.4.13

全5巻、話題作として本屋さんに平積みにされているので、目にする方も多いと思います。お話は、ある航空会社(国民航空となっていますが、まあ日本航空のことだわな)の社員が、労働組合の委員長になってから、会社のえらい人たちに目を […]

続きを読む
2011.1.25
カテゴリー 読書感想文 

はじめて「ネタバレ」で感想文を書いてみようと思います。 というのは、この小説がでてからだいぶ時間もたってますし、なにしろ映画化されてますので、観た人もたくさんいるというのがひとつ。 もうひとつ、僕は映画は観てませんが、小 […]

続きを読む
2010.12.18

前回、ワープロの使い方を覚えた作者が、今度もがんばって使って書いた作品です。しかも本格SFに挑戦だ!今度はきっと、用語登録とか、その辺のテクニックも使えるようになったのでしょう。長い長い。文庫で680ページもの、駄文。 […]

続きを読む
2010.12.18

小説でも音楽でも、ひとりの作家が傑作として世に残せる作品は、本当にまれです。それは奇跡的な出来事といってもいいでしょう。逆に、ひとつでも傑作をものすることができれば、それは作家にとってまさに冥利に尽きるいったところなので […]

続きを読む
2010.9.3

運命によって離れ離れになった二人が、長いながい時を経て巡り合という、壮大なファンタジーです。物語のはじめの部分は、神話として語られ、具体性に欠ける物語があまったるいなあと思っていたのですが、読み進めるうちに、この展開はな […]

続きを読む
2010.8.30

新聞の特派員ていう人って、こういう生活をしているんだ、という感想を持ちました。どうもキザったらしい文章が最初は多くて、なにを言いたいんだかわからない内容なのですが、微笑ましい生活スケッチを読んでいくうちに、やがて文化の違 […]

続きを読む
2010.8.21

幕末、明治維新を経て、明治の新政府が誕生するその時代、多くの才能ある人間が活躍しました。 江藤新平は法律の土台を作った人で、刑法はドイツ、民法はフランスを手本に、日本の法律はできていったわけですね。 「維新」が起こって、 […]

続きを読む
2010.8.20

現代物理学で最大の発見といわれているのが、相対性理論と量子力学です。相対性理論は有名ですね。空間がゆがむとか時間が遅くなるとか、なんとなくわかるような気がします。ところが、量子力学はわかりにくい。なにしろ、量子論の基礎を […]

続きを読む
2010.8.3

いつも明るく、ひょうきんで人を笑わせるのが大好きで、でも涙もろくて、かわいい女の子にはいちころだ。なんて魅力のあるキャラクター。こんな風になりたいな。彼の映画も、テレビも、なんだかんだいって見てました。いい俳優ですよね。 […]

続きを読む
2010.8.2

ほんとにもう、なんと言ったらいいのか、ものすごい小説です。前にも紹介した「ブラックダリア」「L.A.コンフィデンシャル」に続く、「暗黒のLA四部作」の完結編です。実は「ブラックダリア」は、あまり全体の筋とは関わらないので […]

続きを読む
Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.