最近、コロナ自粛で外食がなかなか出来ず、趣味と実益を兼ねた自炊生活です。色々なお店で食事をする機会が多いのですが、”これは何が入っているのか???”なんて想像しながら食べたり、”どうやって作ってるのか??”なんて考えながら食ってたり。それで、どうしても気になる料理で作れそうな物があったら、暇なときに作ってみたり。
 
この自粛生活は朝昼晩三食の自炊チャンスで、夜寝る前は明日のメニューや作り置きしておくメニューを考えたりしながら、次の朝一番スーパーのオープン3分前に買い出しです。毎日スーパーへ行っていると、”ありゃ?今日のキャベツ安いやん!”なんて発見があったり、主婦の方がチラシの端からは端までチェックする気持ちが分かったりで、ちょっと変な幸せ感が沸いてきたりします。
 
今、少し凝っているのは、季節柄、「玉ねぎ」と「梅」です。玉ねぎは知り合いの農家の方から大量に頂き、玉ねぎを使った料理を色々と作ってみました。定番のカレーから始まり、玉ねぎスープ、ミネストローネ、まあ何に使っても本当に玉ねぎの甘みが放出され、どれも美味し!です。特に、今回何度も作ったのは、ロイヤルホスト等のレストランでよく出てくる「オニオンスープ」です。大量の玉ねぎを「飴色玉ねぎ」まで炒める事一時間、それからまた「ブイヨン」を加えてコトコト煮ていきます。
 
 出来上がりは、そりゃ最高ですね。ロイヤルより美味いんとちゃうか!!なんて、心の中で呟きながら、またメラメラ次のオニオンスープ戦略を練ります。次は、中に入れる固形のブイヨンがどうも気にくわない。なんて考え、「ブイヨン」ってどうやって作ってるんだ??って、またググると色々と情報が出てきます。”へ~!!”こんなに手間がかかってるのか!と感動しながら手順を考えたりしていると、一杯の「オニオンスープ」を食べるのに、8時間はかかる!!スゲー!そこで、少し作戦を練ったりしてしまうのです。
 
もう一つは「梅」です。今年は初めて梅酒、梅酢、梅ジュースに着手。そして、禁断の「梅干し」(勝手に禁断)に挑戦です。これはとてもきっちりした時期があり、それを見逃してしまうと作れないので、それに合わせて道具と必要材料を購入です。やってみると「梅干し」以外は、簡単に出来上がり、後は「梅干し」の干すという作業だけを残すところとなりました。まあ、しかし、毎日出来上がて行く様を観察していると面白いし、”何で?”とか、”へぇ~!とかというのがいいですね。
 
コロナ自粛のおかげで色々な料理のレパートリーが増えた?かもしれませんが、やはり、慣れていない料理を作ってみるって、とても頭使いますね。まあ、スーパーへ行くと、ただレンチンするだけで、最高に美味しい味付けされた物が並んでいて、手間かけずに美味い物が手軽に食べれますが、それとは全く逆の手間をとことんかけて、それを楽しむ。そして、そこから生まれる何かストーリーのような物も一緒に味わうって、なんか良いですね。言葉で表現するとしたら、”不便をお金で買う時代”。なんでも簡単便利にできる時代だからこそ、”不便”が特に良い!ってことです。
 
あ!「不便」がビジネスになるかも!!なんて(^-^)
 
次回は「ブイヨン」作って、それで「コンソメスープ」挑戦ですね。まかない飯、何か楽しい!!
 
やこやこ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.