監査業務担当の清岡です。
先日このような質問を電話でいただきました。
「ロエを高くするには、ザイムレバレッジを高くするといいのですか?」
開口一番の質問内容に、私も即答できませんでした。
 
突然の「ロエ」???
 
よくよく聞いてみると、「ロエ」とは「財務指標ROE(自己資本利益率)」のことを言っており、「ザイムレバレッジ」とは「財務レバレッジ」と分かりました。 

参照

  • ROE(%)=当期純利益÷純資産(自己資本)×100
    一般的に10%を上回ると優良な企業

  • 財務レバレッジ(倍)=総資産÷自己資本

 
それでは、早速質問の内容を下記の例に当てはめ検証してみましょう。

当期純利益 10万円
自己資本  100万円
総資産   300万円

 
この場合、
ROE: 10万円÷100万円×100= 10%
財務レバレッジ:300万円÷100万円=3倍
となります。
 
問い合わせの内容(指標)は分かったので、先ほどの質問内容を適正な文字にすると「ROEを高くするには、財務レバレッジを高くするといいのですか?」
となります。
 
この質問を前提に各指標(ROE、財務レバレッジ)の算式に当てはめてみます。(上記例の当期純利益10万円と自己資本100万円は変わらないとします。)
 
財務レバレッジを高くするには、総資産を増やす(すなわち他人資本(借入金等))ことになりますので、自己資本(100万円)を変えずに他人資本(借入金)を増加(仮に200万円)して総資産を500万円とします。
 

(検証1)
当期純利益 10万円
自己資本  100万円
総資産   500万円

 
この場合、
ROE:10万円÷100万円×100=10%
財務レバレッジ:500万円÷100万円=5倍
財務レバレッジは増加しましたが、ROEは変わりません。これでは、質問内容のROEを高めるとはなりません。
 
さらに深く、質問内容と質問の基礎となった元内容を確認したところ、正しい解釈は「同規模(総資産)、同利益の法人で、財務レバレッジが高ければ、ROEは高くなりますか?」でした。
 
見るべきところは、同規模(総資産)の法人であり、会社規模(総資産)を変えるではありませんでした。そこで、総資産を変えずに、財務レバレッジを高めてみます。
 

(検証2)
当期純利益 10万円
自己資本  50万円
総資産   300万円

 
この場合、
ROE:10万円÷50万円×100=20%
財務レバレッジ:300万円÷50万円=6倍
ROE、財務レバレッジともに増加しました。同じ規模の法人であれば、まさに質問のとおりとなります。
 
すなわち、自社の規模を大きくするには、他人資本(借入金)を増やし上手く活用することで大きくできます。成長のために財務レバレッジを高めるのは有効な経営手段の一つとも言えます。
 
最後に一つの指標だけで判断せずに、複数の指標を活用して判断する必要があります。

  
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.