2011.9.14

福島ナンバーの車は、ガラスを割られる、落書きされる・・・そういうツクリ話があります。 本当のことではありません。 でも「かわいそう・ありそうな話」だから信じちゃう。 被害者を憐れむことで、自分がいい奴だと思い込みたいから […]

続きを読む
2011.8.19

中学校の時、転校してから会ってなかった彼女に、10年ぶりで再会。 彼女はとても素敵な女性になっていた。 名前は「真緒」ちゃん。まーーおぉぉーー。 (この名前の意味も、最後の最後でワカル) 主人公は、ちょっと冴えない草食系 […]

続きを読む
2011.7.24

原題は「Fruitless Fall(実りなき秋)」なので、レイチェル・カーソンの「Silent Spring(沈黙の春)」とかけているのだと思います。 自然破壊に対する啓蒙書なのか、はたまたミツバチ大量死という事件の謎 […]

続きを読む
2011.6.20

ホリエモン収監記念、ということで。 彼がスポンサーを務める「なつのロケット団」のネタ本ともいえる小説です。 ロケットの打ち上げというと、国家規模のプロジェクトで、予算も膨大で、民間には手が出ない。 しかし、本当にそうなの […]

続きを読む
2011.6.12

(その後:さらに拡散をつづけるツクリ話) 前回のお話はこちら「福島は帰れ!と言われるディズニーランド」 1週間で1万件以上のアクセスがありました。 ほとんどの方が好意的な反応、意見をしてくれました。 長文にもかかわらず、 […]

続きを読む
2011.6.11

青春小説、というとなんだかいい年こいて読むのもどうかと思いますが。 友達、音楽、バイトに恋、高校生の明るく切ない時代。あの輝きはー、もう戻らないのねー(なんの歌や)。 高校時代を書いたちょっといい小説で、村上龍の「69」 […]

続きを読む
2011.5.30

軽妙であるが辛辣。抜群におもしろいノンフィクションです。 ある出来事に対して、大上段に「この問題の本質は、こうだ!」と書けたら、簡単でしょうね。 テレビニュースをはじめ、多くのルポルタージュは、そんな感じです。「これが正 […]

続きを読む
2011.5.18
カテゴリー シンプルコム/ よりぬき 

このお話の後日譚はこちら→「福島は帰れ!を拡散する人びと」 さらにつづきはこちら→「NHKアナウンサー・堀潤の功罪」 もし、こちらで取り上げたツイートの内容が、事実に基づくものでしたら、すぐに謝罪します。 とてもデリケー […]

続きを読む
2011.4.13

全5巻、話題作として本屋さんに平積みにされているので、目にする方も多いと思います。お話は、ある航空会社(国民航空となっていますが、まあ日本航空のことだわな)の社員が、労働組合の委員長になってから、会社のえらい人たちに目を […]

続きを読む
2011.3.20

※1999年に書かれた記事です。 この間、とあるえらい人と打ち合わせをしていました。 その人は大手のメーカーの最先端で働いていたエリートで、面倒見もよく、引退してからもいろいろな方面から尊敬を集めている人です。 ふと、僕 […]

続きを読む
Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.